【ICT運用管理セミナー】「特権ID管理とコンフィグ管理」2014年2月7日(金)14:00-16:30 TKP神田ビジネスセンター(参加無料)

なかなか手がかけられない、2つの運用管理業務の改善方法とは


特権ID管理やコンフィグ管理、いますぐ”カイゼン”しませんか?


多くの企業や組織では、ネットワーク上のITリソースにアクセスするための特権IDとパスワードを、各担当者が口頭や紙で管理するなど、運用が属人化されています。このような状態では、セキュリティ上の問題が起こりやすく、かつ、操作証跡がないため、管理者自身をも守ること出来ません。

また、ネットワーク機器やソフトウェアの設定変更についても手作業で運用管理されていることが多く、操作や判断などの人的ミスによるインシデントの発生リスクが高いだけでなく、管理の手間が過大になって本来の業務を圧迫してしまうことが多いのも現状です。

このセミナーでは、多くのICT運用管理者が日々の業務の中でなかなか改善できずにいるであろう、これらの課題を解決する方法をご提案します。新製品 特権ID管理ツール「Password Manager Pro」別のウィンドウで開くと、ネットワーク機器コンフィグ管理ツール「DeviceExpert」別のウィンドウで開くによる、運用管理業務の改善方法を詳しく解説します。ぜひご参加ください。

次の課題を解決!

  • ITリソースの 特権ID管理
  • ネットワーク機器の コンフィグ変更管理


開催概要

セミナー名 【ICT運用管理セミナー】  2つの運用管理業務の改善方法を解説!
「特権ID管理とコンフィグ管理」
主催 / 協力 ゾーホージャパン株式会社 / 株式会社 NTTデータ SMS
日時 2014年2月7日(金)14:00〜16:30
   ※開場は 13:45
会場 TKP神田ビジネスセンター C801
アクセスマップ別のウィンドウで開く

●最寄り駅: 
東京メトロ 千代田線 新御茶ノ水駅 より 徒歩3分
東京メトロ 丸ノ内線 淡路町駅B6出口 より 徒歩3分
都営 新宿線 小川町駅B6出口 より 徒歩3分
定員 30名
参加費 無料 (※事前登録制)
対象 ICT運用管理業務のご担当者、情報システム部門のご担当者、ICT運用管理ツールをお客様に提案する予定のSIer様

特に以下の方におすすめです!
   ■利用中の運用管理ツールの見直しや、運用管理コストの削減を検討されている方
   ■特権ID管理ツールやコンフィグ管理ツールの導入をご検討中の方
   ■「Password Manager Pro」や「DeviceExpert」にご興味をお持ちの方
このセミナーに申し込む



  

プログラム

14:00〜14:10 開会のご挨拶とゾーホージャパン、ManageEngine(マネージエンジン)のご紹介
14:10〜14:50

ゲストセッション
内部統制の効率化


特別講演

 日本版SOX法の施行開始から早6年、昨年まで監査に携わっておられた講演者から、内部統制において監査人が指摘する点 TOP5や、企業では実際に何を効率化したのかなどの興味深い内容をご紹介いただきます。

株式会社 NTTデータ SMS別のウィンドウで開く
新規ビジネス推進室
綾野 穣児氏

プロフィール
1996年 NTTデータ東京SMS(現:NTTデータSMS)入社
2004年 US-SOX 監査支援
2007年 J-SOX IDモニターリング監査業務立ち上げ
2010年 J-SOX IT全般統制監査対応
2013年 新規ビジネス推進室へ異動

14:50〜15:00 休憩
15:00〜15:30

セッション 2
特権ID管理と特権ユーザーの操作証跡の管理


製品紹介  導入事例 

 特権管理者の操作を把握していますか?

 サーバー、データベース、ネットワーク機器、アプリケーションなどの企業の重要なIT資源の管理権限を有する共有パスワードへのアクセスを制御できるだけでなく、 ユーザーの操作履歴を記録する事で組織内のパスワード管理ポリシーの徹底を支援します。
 本セッションでは、特権ID管理ツール「Password Manager Pro」別のウィンドウで開くによる、効率的な特権ID管理と特権ユーザーの操作監視の実現方法をご紹介します。

特権ID管理ツール「Password Manager Pro」のダッシュボード画面 特権ID管理ツール「Password Manager Pro」のセッションレコーディング画面
特権ID管理ツール「Password Manager Pro」のダッシュボード画面 特権ID管理ツール「Password Manager Pro」のセッションレコーディング画面
15:30〜16:00

セッション 3
ネットワーク機器のコンフィグ管理の自動化と一元化


製品紹介  導入事例 

 設定変更ミスによるネットワーク停止にお困りですか?

 ネットワーク機器の設定変更やパスワードの定期更新、ファームウェアのアップグレードなどの一括変更作業を自動化することで、設定変更のミスを回避し、かつ運用負荷を大幅に軽減できます。また、ネットワーク内に複数存在するマルチベンダー機器の構成管理を一元化でき、レポートで状態を把握しながら統合的な管理を実現します。
 本セッションでは、マルチベンダー機器に対応したネットワーク機器コンフィグ管理ツール「DeviceExpert」別のウィンドウで開くによる、効率的なネットワーク機器の設定変更管理の実現方法をご紹介します。

ネットワーク機器コンフィグ管理ツール「DeviceExpert」のホーム画面 ネットワーク機器コンフィグ管理ツール「DeviceExpert」の変更管理画面
ネットワーク機器コンフィグ管理ツール「DeviceExpert」のホーム画面 ネットワーク機器コンフィグ管理ツール「DeviceExpert」の変更管理画面
16:00〜16:05 閉会のご挨拶
16:05〜16:30 個別相談会

ゾーホージャパンの社員が個別にご相談に応じます。ゲスト講師にもご参加いただきます。
貴社や貴社提案先のお客様が現在抱えられる課題について、お気軽にご相談ください。
(※自由参加、途中退出自由)


注意事項
※セミナーのプログラムは予告なく変更される場合があります。
※参加希望者が定員を超えた場合はご参加を調整させていただく可能性があります。
※競合会社または当社が参加対象として不適切だと判断した場合はご参加をお断りする可能性があります。
※お申込みいただいた情報は、ゾーホージャパン株式会社からの招待状の送付や問い合わせに対する回答、製品やサービス、イベントに関する最新の情報提供のために利用させていただきます。正確な情報を記入していただくようお願いいたします。
※ 本ページに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。

このセミナーに申し込む

お問い合わせ
ゾーホージャパン株式会社
ManageEngine & WebNMS事業部 セミナー運営事務局
TEL: 045-319-4613 (受付時間 9:00〜18:00/土日・祝日除く)
メールでのお問い合わせはこちらから