統合エンドポイント管理ツール Desktop Centralの機能一覧

統合エンドポイント管理とは、組織内で利用されているパソコン、スマートフォン、タブレット、プリンター、ウェアラブル端末、その他IoT機器やUSBに接続されたデバイスまで、あらゆる機器について管理する概念のことを指します。

この概念の前にも、クライアントPC、モバイルデバイス、エンタープライズ製品等、それぞれデバイス毎に管理されていた状況における管理概念は、エンタプライズモビリティ管理(MDM)、モバイルデバイス管理(MDM)といった形で存在してました。

統合エンドポイント管理とは、近年、管理対象としてさらに広がり続けているデバイスに対して、それらをまとめて管理するために提唱された概念となります。統合エンドポイント管理は英語表記の「Unified Endpoint Management」の頭文字をとって、UEMとも言われています。

ますます増えつつあるデバイスに対してセキュアな状態を保つため、OS、アプリやデバイスの種類毎で各所にばらばらに存在していた管理環境をより効率的に運用することを目的として認知されてきた概念が、統合エンドポイント監視(UEM)です。

統合エンドポイント管理(UEM)ツールのDesctop Centralでは、企業内で利用されている多くのデバイスに対応する統合管理するツールとしてご利用いただいております。

Desktop Central アーキテクチャー【Desktop Central アーキテクチャー】

モバイルデバイス管理

iOS、Android、Windows Phone、Google Chrome OS、macOSなどのモバイルデバイスの管理を一元管理します。端末を制御するプロファイル管理や、盗難・紛失時対策のリモートロック/ワイプ機能など、MDMに必須な機能を搭載しています。

ソフトウェア配布

ユーザー端末側の管理者権限なしで、ソフトウェアのインストールやアンインストールを一括で実施します。また管理画面でソフトウェアカタログを作成し、ユーザー自身がSelfServicePortal(セルフサービスポータル)からソフトウェアをインストールできます。

インベントリ管理

自動的にソフトウェア台帳やハードウェア台帳を取得するだけでなく、ソフトウェアの使用状況の測定、ライセンス管理、禁止ソフトウェアの設定・管理を実施します。

リモートコントロール

遠隔地の端末にリモート接続し、トラブルシューティングを支援します。キーボード/マウスの入力を無効化するオプションや、ユーザーの画面をブラックアウトするオプション、ファイル転送、チャットなども利用可能です。またリモート接続せずに、管理画面からコマンドプロンプト/レジストリエディタ/イベントビューアなどを実施できます。

USBデバイス管理・USBメモリの接続制御と監視

ユーザーまたはコンピューター単位で、デバイス種別ごとにUSBデバイスの利用を制限します。例外設定も可能です。

レポート

Active Directoryのアカウント棚卸しが可能なActive Directoryレポートや、勤怠管理にも利用できる、ユーザーのログオン/ログアウト履歴を取得できるユーザーログオンレポート、USBデバイスの利用を監査するUSB使用レポートなど、豊富なレポートを1クリックで作成し、PDF/CSV/XLS形式で出力できます。

パッチ管理

競合他社によくあるWSUS連携は一切不要で、脆弱性情報の収集 - 欠落パッチの検出 - パッチテスト - パッチ適用 までパッチ管理フローをすべて自動化します。サポートしているソフトウェアは、Windows/Mac/Linuxだけでなく、JavaやAdobeといったサードパーティ製品にも250種類以上対応しています。

電源管理

Wake On LANによる端末の起動やシャットダウン/再起動をワンクリックで行います。スケジュールを設定し、任意のタイミングでも実施できます。過剰残業対策や、シャットダウン/再起動が実施されないことによるパッチ未適用状態を防げます。

サービスパックのインストール

適用されていないサービスパックがないかスキャンし、自動的に最新の状態にアップデートします。