Desktop Central パッチ管理 6つの特徴

① エンドツーエンドなパッチ管理操作を実行

  • 大量のシステムにパッチを一括配布
  • Windows、Mac、Linux、サードパーティベンダーなど200種類以上のソフトウェアパッチをサポート
  • サポートしているソフトウェアの脆弱性情報を自動収集
  • スキャンにより脆弱性を自動検出
  • 本番環境へのパッチ一括適用前にパッチを検証可能

② パッチの自動管理

  • 脆弱性検出からパッチ適用までを完全自動化
  • スケジュール設定や再起動ポリシーを設定できる柔軟性
  • パッチ適用中または適用後のステータスをレポートとして定期的に受領可能

③ サービスパック配布

  • スキャンにより欠落サービスパックを特定
  • セキュリティ更新プログラムはもちろん、Service Pack(サービスパック)/Rollup(ロールアップ)/Feature Updateにも対応
  • 適用済みサービスパックを確認可能

④ 直感的なパッチレポート

  • 影響を受けているシステムに関する詳細な情報
  • パッチに関する詳細な情報
  • ベンダーごとのリリースされたすべてのパッチの詳細な情報
  • 様々な基準に基づいてレポートアラートをコンフィグ

⑤ アンチウイルス定義のアップデート

  • 定義のアップデートプロセスを自動化
  • 日/週/月単位でウイルス定義のアップデートのためのスキャンをスケジュール設定
  • メールを通じてタスクのステータスに関する通知を受信
  • アンチウイルス定義のアップデートプロセスを効率化して、帯域のコストを継続的に確認

⑥ 強固なパッチコンフィグ

  • リモートサイトにおけるサーバーの位置を指定して、帯域を温存
  • ロケーション、部署、ポリシーのニーズに基づいてシステムをグループ分け
  • 欠落パッチの重要度を作成し、コンフィグ
  • 特定のユーザー向けにパッチ管理へのアクセス権限を作成

サポート対象のOSおよびアプリケーション例

 
Windows OSMac OSサードパーティ
Windows 10macOS MojaveMozilla
Windows 8macOS High SierraGoogle Chrome
Windows 7macOS SierraAdobe
Windows Server 2008以降OS X - El CapitanJava

エディション

無料版
最大25コンピューター
小規模企業に最適
Enterprise Edition
50コンピューターから
Windowsパッチ管理
サードパーティーパッチ管理
Macパッチ管理

¥441,000~

お客様のサクセスストーリー

世界3万社が導入しています!

導入事例