エンドポイントをサイバー攻撃から保護

40秒に一度、企業はランサムウェアの攻撃を受けます。

サイバー攻撃とは、システムやネットワーク上の情報の盗難、暗号化、または破壊を目的とし、ネットワークやコンピューター、およびその他デバイスを標的とした攻撃のことです。サイバー攻撃には、DDoS攻撃、ブルートフォース攻撃、フィッシング、ハッキング、水飲み場型攻撃、ランサムウェア攻撃など、様々な種類があります。そのため、組織にとってエンドポイントのセキュリティ対策は必要不可欠です。

無料の資料をダウンロード:「効果的なサイバーセキュリティを実現する10のセキュリティ制御」

未だ注目を集めているランサムウェアと呼ばれている悪意のあるソフトウェアは、コンピュータやタブレット、ソフトウェアをロックし、アンロックと引き換えに身代金を要求します。これは、ハックされた様々なウェブサイトを閲覧したり、ファイルをダウンロードしたり、誤ったリンクをクリックしたりする際にデバイスを攻撃します。ランサムウェアは日々進化を遂げているため、有効な対策が重要となります。

多様なサイバー攻撃とその対策

WannaCryptやPetya、Fireballなどによる最大のサイバー攻撃は、Desktop Centralで防ぐことができます!

サイバー攻撃「Petya」対策

ランサムウェアの一種であるPetyaはEternal Blueと同じ手法を使用して再び現れ、2番目に大きなサイバー攻撃を行い、世界中の組織を攻撃し、特にウクライナに被害を与えました。このランサムウェアは、MS OfficeとSMBv1の脆弱性を利用しただけでなく、ワーム能力を有しており、感染したネットワーク上で急速に拡大しました。

ウィルス「Skype」対策

ハッカーはすべての石をひっくり返します。インスタントメッセージアプリ'Skype’のゼロデイ脆弱性を利用して、ウィルスを拡散するというサイバー攻撃も行われました。このSkypeウィルスにより、攻撃者は、予期しないエラーでアプリケーションをリモートでクラッシュさせて、アクティブなプロセスレジスタを書き換えて、悪意のあるコードを実行します。

マルウェア「Fireball」対策

Fireballは中国のマルウェアであ「Dり、世界中で約2億5000万台のコンピュータを感染させ、最も被害の大きかった国としてはインドが挙げられます。このサイバー攻撃はブラウザをジャックしてゾンビ化することを目的としていました。これにより、感染した端末ではあらゆるコードが実行可能となり、資格情報を盗んだり、他の悪意あるソフトウェアを追加したりするなどの様々な攻撃が可能でした。

ボットネットマルウェア「DeltaCharlie」対策

Delta Charlieは、Hidden Cobraが使用したボットネットマルウェアであり、世界中で数多くのコンピュータを感染させました。このサイバー攻撃は、必要なパッチのない脆弱なコンピュータにDDoS攻撃を行います。

ランサムウェア「WannaCrypt」対策

2017年5月12日、インターネットの歴史上最大のサイバー攻撃が行われました。WannaCryptというランサムウェアがネットワークを席捲したのです。これは最新の状態でないWindows OSのコンピュータを対象とし、ロシア、中国、アメリカ合衆国のコンピュータを蹂躙しました。

今すぐエンドポイントをサイバー攻撃から保護

無料トライアル

トレーニングビデオ(英語)

新しいランサムウェアは毎日出現しており、エンドポイントを保護するための効率的なツールの必要性が重要視されつつあります。Desktop Centralは一体型のデスクトップおよびモバイルデバイス管理ソフトウェアであり、Windows、Mac、Linuxのエンドポイントに自動的にパッチを適用し、ネットワークをサイバー攻撃から保護するための様々な操作を実行することを可能にします。