ライセンス適用手順

ファイアウォール・プロキシ ログ管理

ライセンス適用手順

Firewall Analyzerはインストール後、30日間は無料で評価可能な評価版をPremium Editionとしてご利用できます。 評価期間を超えた場合、ライセンスを適用するまでFirewall Analyzerは起動しなくなります。 このページでは、ライセンスを適用する手順について解説します。 なお、ライセンス発行の流れについては、次のURLをご参照ください。ライセンス発行の流れ

GUIより適用する場合

評価期間内であれば、画面上部のライセンスアップグレードよりライセンスの適用が可能です。 以下の手順に従いライセンスを適用してください。

管理者権限(adminユーザー)でログイン後、画面上部の「ライセンスアップグレード」をクリックします。

Firewall Analyzer ライセンス適用Firewall Analyzer ライセンス適用手順-(1)

ポップアップウインドウにて表示された、以下の画面より「参照」をクリックし、ライセンスファイルを指定後、[ライセンスのアップグレード]をクリックします。 「ライセンスタイプ」、「最大管理デバイス数」が購入したライセンス通りであることをご確認ください。 Firewall Analyzerを再起動するとライセンスを読み込んで起動しますので、必ず再起動を実施してください。

Firewall Analyzer ライセンス適用画面Firewall Analyzer ライセンス適用手順-(2)

評価期間が過ぎた後ライセンスを適用する場合

評価期間が過ぎてしまうとFirewall Analyzerは停止してしまいます。 適用する場合は、コマンドプロンプトにて <FWA>¥bin¥run.bat(Linuxの場合は、run.sh)を実行し 表示された画面に従いライセンスを適用してください。 手順については、次のURL内手順をご参照ください。評価期限が切れてしまった後のライセンス適用手順