ManageEngine
Gartner® Magic Quadrant™

セキュリティ情報/イベント管理(SIEM)部門

6回連続の掲載

ManageEngine は、2022 Gartner®

セキュリティ情報/イベント管理(SIEM)部門のMagic Quadrant™に6 回目の連続での掲載となりました。

これは、サイバーセキュリティ分野における弊社の貢献が認められた証であり、我々が提供するManageEngineソリューションは、同分野において推奨されるツールの一つとして確固たる地位を築けていると我々は考えます。

2022 Gartner® セキュリティ情報/イベント
管理(SIEM)部門の
Magic Quadrant™に

ManageEngineのソリューションが 6 回連続で評価されたことは、ITセキュリティ市場のニーズに応える一貫したManageEngineの取り組みとビジョンが評価された証であると信じています。

サイバーセキュリティに関する状況はコロナ発生以降大きく変化しています。セキュリティの専門家は、リモートワークのセキュリティ対策、急速なクラウド化、進化し多様化した様々な脅威、個人情報保護などのコンプライアンス要件の厳格化など、多くの課題に取り組まなくてはなりません。弊社のSIEMソリューションであるLog360は、市場のニーズを満たし、お客様がこれらの課題や変化を先取りできるように進化してきました。

ManageEngine Log360は統合型SIEMソリューションとして、DLPやCASBのようなセキュリティ脅威の検知、優先順位付け、フォレンジック調査、インシデントへの対応を行う機能を搭載しています。ManageEngine Log360の製品ページはこちら

マジック・クアドラント

ガートナーのマジック・クアドラントは特定の市場におけるリサーチの集大成であり、その市場で競合している各社の相対的な位置付けを広い視野で捉えることができます。グラフィカルに表示され、統一の評価基準が適用されているマジック・クアドラントを活用することで、テクノロジ・プロバイダー各社が掲げるビジョンの達成状況や、市場に関するガートナーの見解に照らした各社のパフォーマンスを迅速に評価できます。

Gartner出典・免責事項

Gartner, Magic Quadrant for Security Information and Event Management, Pete Shoard, Andrew Davies,

Mitchell Schneider, 10 October 2022.

Gartner, リサーチ・メソドロジ マジック・クアドラント

https://www.gartner.co.jp/ja/research/methdologies/magic-quadrants-research

ガートナー社の免責事項

  • この図表は、Gartner, Inc.がリサーチの一部として公開したものであり、文書全体のコンテクストにおいて評価されるべきものです。オリジナルのGartnerドキュメントは、リクエストにより Zohocorp からご提供することが可能です。
  • Gartnerは、Gartnerリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。Gartnerリサーチの発行物は、Gartnerリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。
  • GARTNERおよびMagic Quadrantは、Gartner Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.