WSUSとは

WSUSとは、Microsoft社が企業などのIT管理者向けに無償で提供しているソフトウェアのことです。WSUSを使うと、Windows OS、Windows Server、Exchange Server、Active Directoryといった、あらゆるMicrosoft製品の更新プログラムを一元管理することができます。WSUSの正式名称は「Windows Server Update Service」です。

WSUSがない場合、組織内のそれぞれのPCがMicrosoft Updateサーバーと通信し、更新プログラムをダウンロード・インストールします。しかし多数のPCが一斉に更新プログラムをダウンロードすると、通信が一時的に圧迫され、業務に支障が出ることもあります。

WSUSがある場合、WSUSサーバーのみがMicrosoft Updateサーバーと通信し、更新プログラムをダウンロード・保存します。それぞれのPCはWSUSサーバーから更新プログラムを受け取るため、回線の圧迫を防ぐことが可能です。

WSUSのメリット

WSUSを利用することで、下記のメリットを得られます。

  • 更新プログラム配信時の回線圧迫を防げる
  • グループごとに更新プログラムを適用できる
  • 更新プログラムの適用状況を確認できる

WSUSでは、グループ化されたPCごとに更新プログラムを配信できます。この機能を活用すると、まずはテスト用のグループに更新プログラムを適用し、悪影響が発生しないことを確認してから、他のPCに更新プログラムを適用する運用も実現できます。

WSUSのデメリットとその解消方法

一方でWSUS導入には、下記のデメリットも存在します。

  • 導入・構築のハードルが高い
  • メンテナンス作業の負担が大きい
  • 更新プログラムの適用状況がわかりづらい
  • Microsoft製品以外のパッチに対応していない

WSUS自体は無償で利用できるものの、WSUSの構築・運用には人的・金銭的コストがかかります。WSUSの運用ノウハウを所持していない組織が自力で使いこなすのは大変なことも多いです。

WSUS運用者のリアルな声やWSUSのデメリットについては、資料『 WSUSの悩み5選「○○ができない」を解消するパッチ管理ツール併用のすすめ 』に詳しくまとめています。WSUSのデメリットを解消する具体策もご紹介していますので、WSUS運用中の方も、導入検討中の方も、ぜひお役立ていただけますと幸いです。

本資料の目次はこちら

  • WSUSとは?
  • WSUSのよくある悩み5選
  • WSUS運用のデメリットを補うパッチ管理ツール
資料のダウンロードはこちら

資料をダウンロードする

こんな方におすすめ
  • WSUS運用中、WSUS導入検討中の方
  • WSUSに使いづらさを感じている方
  • WSUSよりも簡単にパッチ管理する方法を探している方
  • Microsoft製品以外のパッチも効率的に管理したい方