ユニバーサル ミュージック合同会社様

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

ユニバーサル ミュージックが 抱える2つのIT運用課題、 解決の鍵はこのツール

ユニバーサル ミュージック合同会社様

総合レコード会社のユニバーサル ミュージック

総合レコード会社として日本の音楽業界をリードしているユニバーサル ミュージック。約450人の従業員を抱える同社では、日々、複雑化していくITシステムの運用管理業務に関して、2つの大きな課題に直面していた。

ユーザープロフィール

ユニバーサル ミュージック合同会社は、世界77ヶ国に子会社となるレコード会社、或いはライセンシーを展開する世界最大の音楽企業 ユニバーサル ミュージック グループの日本法人。 KARAやGReeeeN、Perfumeなど多くの有名アーティストを抱え、制作、宣伝、販売の機能を有する総合レコード会社として日本の音楽業界をリードしている

業 種総合レコード会社。コンパクトディスク、ミュージックテープ、ビデオソフトの企画、制作、販売を行う。
従業員数450名
所在地東京都
専任ヘルプデスク担当2名
ユニバーサル ミュージック合同会社様のServiceDesk Plus導入事例をダウンロードする

ServiceDesk Plus 導入ステップ 簡易版

内製インシデント管理システムの限界

●サービスデスクツールの導入前

月間600件にも達するインシデント情報の入力に手間が掛かり、メンテナンスも非常に困難だった。またデータ集計にも時間がかかり、このままでヘルプデスク運用を続けることはできないと判断した。

ユニバーサル ミュージックが抱えていた課題

  • 450人のユーザーに対し、ヘルプデスク担当者はわずか2人のため、内製インシデント管理システムでは業務負荷が高い
  • インシデントの対応漏れが発生していた

●ツールの選定

製品に求める必須要件

  • インシデント管理機能を備えていること
  • コストパフォーマンスに優れていること
ユニバーサル ミュージック 早坂様情報システム部
早坂 だいだい氏

対応漏れを減らしユーザーの満足度を向上

●ツールの導入効果
早坂氏は、「今までは、ユーザー本人が問い合わせをしたことを忘れたり、ヘルプデスク担当者も数多くのインシデントを処理しきれず、対応漏れが生じたりしてしまうことも少なくなかった。ServiceDesk Plusを導入してからは、全てのインシデントに確実に対応できるようになり、ユーザーの満足度が高まった」と評価する。
サーバー・ネットワーク監視ツールの導入効果
  • ユーザー:ヘルプデスク担当者=450人:2人のまま、対応漏れインシデントを減少
  • 対応漏れが少なくなることで、ユーザー満足度が向上

事例紹介リーフレット ダウンロード

ユニバーサル ミュージック合同会社様のServiceDesk Plus導入事例をダウンロードする