ADAudit Plus ナレッジベース

【不具合】ユーザーアテンダンスレポートで「最終ログオフ時間」が「最新ログオン時間」と表記される


対象ビルド

5120

事象

ユーザーアテンダンスレポートで「最終ログオフ時間」が「最新ログオン時間」と表記される不具合が報告されております。

 

本事象は以下の手順によりプロパティファイルを差し替えていただくことで、
修正いただくことが可能です。

プロパティファイルの適用手順

1. ADAudit Plusのサービスを停止します。
2. 以下のURLをクリックして、修正プロパティファイルをダウンロードしてください。
プロパティファイルをダウンロード

3. [ADAudit Plusインストールディレクトリ]\resources\adapに移動します。
4. ApplicationResources_ja_JP.properties"を"ApplicationResources_ja_JP_old.properties"にリネームします。
5. ダウンロードいただいたプロパティファイルを解凍後、
[ADAudit Plusインストールディレクトリ]\resources\adapにコピーします。
6. ADAudit plusのサービスを起動します。

 

[最新ログオン時間]が[最終ログオフ時間]に変更されているかご確認ください。