Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

ヘルプデスクの設定


この記事では、Desktop CentralとServiceDesk Plusをはじめとしたヘルプデスクツールと連携する際に必要な設定について説明しています。なお、Desktop CentralとServiceDesk Plusの連携手順については、こちらをご覧ください。

ヘルプデスクの設定

ヘルプデスク

ServiceDesk Plusなどのヘルプデスクツールと連携するにあたり、 管理タブ > 連携 > ヘルプデスクの設定 を開いて以下の項目を設定します。

  • メールのオプション: ヘルプデスクのメールに関する設定をします。
    • 送信先メールアドレス: ヘルプデスクの送信先メールアドレスを指定します (※ ServiceDesk Plusとの連携では使用しないため、この設定項目は表示されません)。
    • 送信元メールドメイン: エージェントトレイアイコンからチケットを起票する際に送信するメールの宛先ドメインを指定します。
    • 件名のプレフィックス: エージェントトレイアイコンから起票されたチケットのメール件名のプレフィックスを指定します。
      件名のプレフィックスの追記は、ヘルプデスクツールの機能を使用して、プレフィックスに基づいた技術担当者の自動割り当てなどの目的で使用します。
    • 送信元メールアドレスの修正をユーザーに許可: 送信元メールアドレスの編集をユーザーに許可するかどうかを指定します。AD環境ではチェックを外し、ワークグループ環境ではチェックを入れることをお勧めいたします。
      送信元メールアドレスについて
      Desktop Centralでは、エージェントトレイアイコンからチケットを起票しメール送信する際の、送信元メールアドレスを以下のように生成します。

      • Active Directoryドメイン環境の場合:送信者メールアドレスは以下に沿って生成されます。「送信元メールアドレスの修正をユーザーに許可」にチェックを入れると、ユーザーが送信元のメールアドレスを手動で変更できるようになります(AD環境では非推奨)。
        1. Active Directoryのユーザー名に関連付けられているユーザーのデフォルトのメールアドレスを使用します。
        2. ユーザーのメールアドレスがADで指定されていない場合、「サインインしたユーザーのActive Directoryユーザー名」+「管理者が指定した送信元メールドメイン」がメールアドレスとして使用されます。
        3. 「送信元メールドメイン」が指定されていない場合、Desktop CentralはこのWindowsネットワークドメイン名を使用します。

        (例)
        Windowsドメインが「mycompany.com」
        Active Directoryユーザー名が「abc-123」
        送信元メールドメインが「myemaildomain.com」

        送信元メールドメインが入力されている場合 → abc-123@myemaildomain.com
        送信元メールドメインが入力されていない場合 → abc-123@mycompany.com

         

      • ワークグループ環境の場合: 「サインインしたユーザー名」+「ワークグループに関連付けられているメールドメイン」が送信元メールアドレスとして使用されます。「送信元メールアドレスの修正をユーザーに許可」にチェックを入れると、ユーザーが送信元のメールアドレスを手動で変更できるようになります(ワークグループ環境では推奨)

     

  • 添付ファイルのオプション: 添付を許可する形式、サイズ等を指定します。
    • 添付されるスクリーンショット画像の既定形式: スクリーンショットのデフォルトでの形式をPNG, JPG, BMPから指定します。
    • 動画録画オプション: 動画を添付する場合、送信方法を選択します。
      • 動画をサーバーに保存してリンクを送信する: 動画を直接添付せず、リンクを送信します。合わせて、動画保存容量の上限を指定します。上限を超えた場合、古いファイルから順番に自動削除されます。
      • 添付ファイルとして送信する: 動画をメールに添付して送信します。合わせて、添付可能な動画ファイルの上限サイズを指定します。

     

  • プライバシーに関する通知事項: 添付ファイルに個人情報が含まれる場合があるため、ユーザーに確認メッセージを表示します。
    プライバシーに関する注意表示の本文を入力します。
     

 


チケット

送信されたチケットが表示されます。三点リーダーアイコンをクリックして編集または削除が可能です。