NetFlow Analyzer ナレッジベース

OpManager統合版へのNetFlow Analyzerデータの統合方法


概要/留意点

  • OpManager統合版へのNetFlow Analyzerデータの統合方法
  • 対象バージョン : 12.3(12.3.304~)
  • OpManagerとNetFlow Analyzerは同ビルドに限る
  • 移行後、フローデータ出力先をOpManagerに変更
  • セントラルサーバーへの移行に関してはサポートまでお問い合わせください
  • OpManagerがNetFlowデータを保持している場合、すべての既存NetFlowデータが消去される
  • OpManager/NetFlow Analyzer両方に同名のSNMP認証が存在する場合、NetFlow Analyzer側のSNMP名に"_NetFlow"が自動で添加される
  • [NFA_HOME]/[OPM_HOME]は、デフォルトで/opt/ManageEngine/OpManager (C:\ManageEngine\OpManager)を指す
  • プラットフォームの互換は不可
    ※pgsql -> mssql / mssql -> pgsql
  • 同じネットワーク機器がOpManager/NetFlow Analyzer両方に存在する場合、OpManagerのSNMP認証を用いてNetFlowを更新
    ※ネットワーク機器のSNMP認証が両製品内で関連付け(適用)されている場合に限る
  • NetFlow Analyzerの以下情報は引き継ぎ不可
    • ユーザー管理
    • IPSLA
    • ダッシュボード
    • 基本設定
    • アラームイベント
    • Google Maps

 

手順

1.

OpManagerの統合版ライセンスをOpManagerに適用

※ライセンスを適用後、設定 -> NetFlow/フロー解析 -> ライセンス管理 にて、利用可能ライセンス数が反映されない場合がございます
-> 実際にフローデータを受信すると、NFA用ライセンス数値が反映されます

営業窓口 : こちら

 

2.

OpManagerNetFlow Analyzerを停止

停止手順(OPM) : こちら

停止手順(NFA) : こちら

 

3.

OpManagerNetFlow Analyzerのバックアップを取得

バックアップ手順(OPM) : こちら

バックアップ手順(NFA) : こちら

 

4.

作業の分岐

 

5.

NetFlow Analyzer側 [NFA_HOME]/bin に移動後、下記を実行
※PostgreSQLをご利用の場合のみ

Linux : bash startPgSQL.sh
Windows :  startPgSQL.bat

 

6.

OpManager [OPM_HOME]/bin に移動後、下記を実行
※PostgreSQLをご利用の場合のみ

Linux : bash startPgSQL.sh
Windows : startPgSQL.bat

 

7.

OpManager [OPM_HOME]/bin に移動後、下記を実行

Linux : bash PluginMigration.sh
Windows : PluginMigration.bat

※まれにLinux環境でデータベースについてエラーが発生することがあります。その場合はopmanager dbを起動してください。

 

5.

 

6.

NetFlow Analyzer側 [NFA_HOME]/pgsql/data に移動後、下記2ファイル内容を更新
※PostgreSQLをご利用の場合のみ

postgresql.conf
変更前  #listen_addresses = 'localhost'
変更後   listen_addresses = '*'

pg_hba.conf
最終行に追加 : host     all         all        <IP/CIDR>    trust
※IP はOpManagerインストールサーバーのIPアドレス
※CIDR はClassless InterDomain Routing Eg. (192.168.1.1/32)

 

7.

NetFlow Analyzer側 [NFA_HOME]/bin に移動後、下記を実行
※PostgreSQLをご利用の場合のみ

Linux : bash startPgSQL.sh
Windows : startPgSQL.bat

 

8.

OpManager側 [OPM_HOME]/bin に移動後、下記を実行
※PostgreSQLをご利用の場合のみ

Linux : bash startPgSQL.sh
Windows : startPgSQL.bat

 

9.

引き続きOpManager側で下記を実行

Linux : bash PluginMigration.sh
Windows : PluginMigration.bat

※NetFlow Analyzer シェアフォルダーはどなたでもアクセスできるよう設定ください
※NetFlow File Pathは以下のフォーマットで入力ください
<NetFlow_MACHINE_IP_ADDRESS>/<path_to_shared_folder>

 

6.

NetFlow Analyzer側 [NFA_HOME]/pgsql/data に移動後、下記2ファイル内容を更新
※PostgreSQLをご利用の場合のみ
※MSSQLをご利用の場合は、手順8.へお進みください

postgresql.conf
変更前  #listen_addresses = 'localhost'
変更後   listen_addresses = '*'

pg_hba.conf
最終行に追加 : host     all         all        <IP/CIDR>    trust
※IP はOpManagerインストールサーバーのIPアドレス
※CIDR はClassless InterDomain Routing Eg. (192.168.1.1/32)

 

7.

NetFlow Analyzer側 [NFA_HOME]/bin に移動後、下記を実行
※PostgreSQLをご利用の場合のみ

Linux : bash startPgSQL.sh
Windows : startPgSQL.bat

 

8.

NetFlow Analyzer側の以下ファイルを、OpManager側の[OPM_Home]/DataMigration/netflowにコピー
※OPM側に指定のフォルダーが存在しない場合は、新規に作成してください

[NFA_HOME]/conf 直下の database_params と server.xml
[NFA_HOME]/conf/netflow 直下の nfa.properties と About.properties

 

9.

OpManager側 [OPM_HOME]/bin に移動後、ターミナルを起動し、下記を実行
※PostgreSQLをご利用の場合のみ

Linux : bash startPgSQL.sh
Windows : startPgSQL.bat

 

その後、下記を実行

Linux : bash PluginMigration.sh
Windows : PluginMigration.bat

10.

移行が終了後、下記を実行

a. <NFA_HOME>/data を <OPM_HOME>/data にコピー
b. <NFA_HOME>/reports を <OPM_HOME>/reports にコピー
c. <NFA_HOME>/TmpAggData を <OPM_HOME>/TmpAggData にコピー
d. <NFA_HOME>/conf/netflow/waas.properties を <OPM_HOME>/conf/netflow/waas.properties(存在しない場合は、d.をスキップ)にコピー
e. <NFA_HOME>/conf/netflow/waas を <OPM_HOME>/conf/netflow/waas にコピー