O365 Manager Plus ナレッジベース

前提条件のモジュールインストールに失敗する場合


O365 Manager Plusでは、前提条件として下記を満たす必要があります。本ナレッジでは、モジュールインストールについて解説します。モジュールのインストールができない場合などにご参照ください。

 

前提条件:

* 使用環境にてインターネット接続が可能であること。
* Windows 7 SP1、もしくは Windows 2008 R2 SP1 に製品をインストールされる場合は、Microsoft.NET バージョン 4 および PowerShell バージョン 3 が同環境にインストールされていること。
* 以下のモジュールがインストールされていること。

・Microsoft Online Service Sign-in Assistant for IT Professionals RTW

・Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell (64-bit version)

モジュールのインストール手順

1. Microsoft Online Services Sign-In Assistantをダウンロード&インストール
このモジュールがインストールされているか確認するには、サービス(service.msc)を開き、「Microsoft Online Services Sign-in Assistant」がインストールされているかどうかを確認します。インストールされていない場合は、下記よりダウンロード可能です。

モジュールダウンロードURL:
https://www.microsoft.com/en-in/download/details.aspx?id=41950

2. Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShellをダウンロード&インストール
このモジュールがインストールされているか確認するには、PowerShellを開き、「get-module -Name msonline」を実行します。モジュールがある場合は、リスト表示されます。インストールが必要な場合は、「Install-Module -Name MSOnline -Force」を実行するか下記よりダウンロード可能です。

モジュールダウンロードURL:
https://uploads.zohocorp.com/Internal_Useruploads/dnd/Office365_Manager_Plus/uD2zJQAUQZGAkBs/AdministrationConfig-en.msi

注意:最新バージョンの Azure Active Directory Module for Windows PowerShellでは、下位互換性がないためにエラーが発生する場合があります。これを回避するには、最新バージョンをアンインストールして、上記の Azure Active Directory Module for Windows PowerShellをインストールしてください。

 

Azure ADモジュールのインストールに関するヘルプ/情報は、こちらのドキュメントを参照してください。

 

[Office 365 PowerShell への接続]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/office365/enterprise/powershell/connect-to-office-365-powershell

 

[Azure Active Directory Cmdlets](英語)
https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/azure/jj151815(v=azure.100)?redirectedfrom=MSDN#bkmk_installmodule

3. モジュールのインストール後、アプリケーションを再起動

4. 製品起動後、ログインしテナントを設定/更新

4-1. 右上の[テナント設定]をクリック
4-2. グローバル管理者の認証情報を入力&保存
4-3. 更新アイコンよりテナント情報を更新