O365 Manager Plus ナレッジベース

委任タブにて「仮想テナント」を利用する方法


委任機能を利用して、他の担当者に製品機能の一部を委任する場合、操作可能な範囲を限定したいなどの要件があります。

例)インドの担当者にインドのユーザーのみパスワードリセットできる権限を譲渡したいなど。

 

そのような場合に有効な「仮想テナント」を委任機能にて有効化する方法をご紹介します。

 

概要

仮想テナント設定にある[有効にするにはここをクリック]をクリックすると有効化されます。

 

詳細

<有効化前>

技術者の編集画面を開いても仮想テナントを選択する項目は表示されません。

 

<有効化方法>

  1. 設定タブ > その他の設定 > 仮想テナントに移動
  2. [有効にするにはここをクリック]をクリック

当該操作は一度有効化すると無効にできません。

 

<有効化後>

技術者の編集画面にて仮想テナントを選択する項目が表示されます。