O365 Manager Plus ナレッジベース

ビルド4327以降のデータストレージに関して


概要

日本リリースビルド4327以降を新規インストールした場合、データストレージとしてElasticsearchも使用されます。

詳細

グローバルリリースビルド:4324以降 / 日本リリースビルド:4327以降は、監査/アラート/コンテンツ検索モジュールにおいてデータ保存と分析のためにElasticsearchが使用されます。 上記以外(製品設定データ等)は、PostgreSQL(デフォルト)またはMSSQLがデータストレージとして使用されます。

メリット

Elasticsearchのメリットは下記の通りです。

  • データの読み取りおよび書き込み速度が向上
  • UI上に大量のデータを表示する際、データ取得の遅延を改善
  • データの検索、ソート、フィルタリングの速度が向上

注意点

現時点(ビルド4327)では、Elasticsearchがデータストレージとして使用されている場合、アーカイブと高可用性はサポート対象外となっております。

Elasticsearchは、ビルド4324以降を「新規インストールした場合のみ」に適用されます。 4324より前のビルドをお使いのまま最新ビルドにアップグレードした場合(例 4322 -> 4327)は、Elasticsearchではなく既存のストレージを引き続きご利用いただけます。そのため、すでにアーカイブや高可用性を設定済みの場合でも引き続き当該機能をご利用いただけます。