OpManager ナレッジベース

アラートやメール通知プロファイルで利用できる変数について


概要

OpManagerのアラートやメール通知プロファイルで利用できる変数をご案内します。

詳細

対応しているアラーム変数(「$」で始まる変数)は次のとおりです。

※通知プロファイルの設定で使用することを想定しています。
アラーム変数を通知プロファイル設定画面の[変数の選択]より選んでいただけます。
選んだアラーム変数は、メッセージの最後尾に追加されます。

アラート変数

アラートのID: $alarmid
メッセージ: $message
アラートの発生元: $displayName
アラートのカテゴリ: $category
アラート重要度: $stringseverity
アラート発生時刻: $strModTime
アラートのイベントタイプ: $eventType
アラートのエンティティ: $entity
最新ポーリング値: $lastPolledValue

装置のカスタムフィールド

ビルド12.3以前

ビル: $CustomField(Building)
キャビネット: $CustomField(Cabinet)
コメント: $CustomField(Comments)
連絡先名: $CustomField(Contact Name)
部署: $CustomField(Department)
フロア: $CustomField(Floor)
シリアル番号: $CustomField(SerialNumber)
電話番号: $CustomField(Telephone Number)

ビルド12.4以降

ビル: $CustomField(ビル)
キャビネット: $CustomField(キャビネット)
コメント: $CustomField(コメント)
連絡先名: $CustomField(連絡先名)
部署: $CustomField(部署)
フロア: $CustomField(フロア)
シリアル番号: $CustomField(シリアル番号)
電話番号: $CustomField(電話番号)

※装置のカスタムフィールドは、追加フィールドで設定している場合に表示されます。

装置プロパティ

装置タイプ: $DeviceField(type)
IPアドレス: $DeviceField(ipAddress)
SNMP有効: $DeviceField(isSNMP)
依存関係: $DeviceField(dependent)
ディスク(GB): $DeviceField(hardDiskSize)
RAM(MB): $DeviceField(ramSize)

インターフェースプロパティ

IfDescr: $IntfField(ifDescr)
表示名:$IntfField(displayName)
IfAlias :$IntfField(ifAlias)
IfName:$IntfField(ifName)
IPアドレス: $IntfField(ipAddress)
タイプ :$IntfField(physMedia)
インデックス:$IntfField(ifIndex)
サーキットID:$IntfField(ifCircuitID)
受信スピード:$IntfField(ifSpeedIn)
送信スピード:$IntfField(ifSpeedOut)

インターフェースのカスタムフィールド

サーキットID: $IntfCustomField(Circuit ID)
コメント: $IntfCustomField(Comments)
連絡先名: $IntfCustomField(Contact Name)
SLA: $IntfCustomField(SLA)
電話番号: $IntfCustomField(Telephone Number)

※インターフェースのカスタムフィールドは、追加フィールドで設定している場合に表示されます。
上記リストにない項目を変数として作成することはできません。

【対応リリース】 9.4以降

★-----------------------------------------------------------------------------★
OpManager 製品紹介ページはこちら ↓
https://www.manageengine.jp/products/OpManager/
★-----------------------------------------------------------------------------★