Password Manager Pro ナレッジベース

SSL証明書の更新手順


本ナレッジでは、SSL証明書の更新手順についてご説明します。

<注意事項>

本手順は一般的な更新手順をご案内しております。
詳細の手順は、各CAやご購入のサーバ証明書の種類によって異なりますので、ご了承ください。

<更新手順(keytoolを使用)>

前提条件:

下記の2つのファイルがお手元にない場合、新たにキーストアファイルおよびCSRファイルの作成が必要になります。その場合の手順は、こちらをご参照ください。

  • 初回のSSL設定時に作成した証明書がインストールされているオリジナルのキーストアファイル(pmp.keystore)
  • 前回、CAに申請したCSRファイル(certreq.csr)

(1)前回作成したキーストアファイルを[PMP_HOME]\confフォルダから[PMP_HOME]\jre\binフォルダに移動します。

(2)[PMP_HOME]\jre\bin ディレクトリに移動して、(1)のキーストアから証明書を削除するため、以下のコマンドを実行します。

keytool -delete -alias <alias_name> -keystore <keystore_filename> -storepass <keystore_password>

※<alias_name>には、ルート証明書・中間証明書・サーバー証明書の各aliasが入ります。

(3)キーストアに証明書がインポートされていないことを以下のコマンドを使用して確認します。

Keytool -list -keystore <keystore_filename>

※証明書がインポートされていない場合、"KeyEntry"のみ表示されます。

(4)ナレッジ「SSL証明書を組み込む手順」のステップ2 CAへ申請ステップ3 証明書のインストールの手順を実施します。利用するルート証明書、中間証明書は、各CA、また、ご利用中のサーバIDによって異なりますので、詳細は各CAにお問い合わせください。

(5)PMPサービスを再起動します。

 

<更新手順(Opensslを使用)>

初回SSL設定時と同じ手順となります。ナレッジ「SSL証明書を組み込む手順」のステップ1 CSRファイルの生成からステップ4 自動ログオンのための設定を実施します。

 

以上