ServiceDesk Plus オンプレミス版 ナレッジベース

リリースノート

baloonServiceDesk Plus 11.2のサービスパックリリース情報

11204ビルド リリースノート リリース日:2021年6月15日 フレームワークの更新情報、機能強化、仕様変更、不具合修正は以下の通りです。 フレームワークの更新情報 Mickeyliteをバージョン4180にアップグレード Tomcatをバージョン9.037にアップグレード   機能強化 変更ワークフローグラフィカルなエディターを使用して、ワークフローの[ステージ]、[条件]、[スイッチ]、[通知]、[承認]、[フィールド更新]とともに、完全な変更ライフサイクルを作成できる機能を追加(一般的なワークフローや緊急時のワークフローを作成し、それを変更テンプレートに関連付けることで、様々な変更テンプレートのワークフロープロセスを確立できます) 電話連携AsteriskやAvayaなどの組織の電話サーバーと連携し、ServiceDesk Plusで通話通知のポップアップを有効にする機能を追加(Enterprise Editionでのみ利用可能です) 資産UIの刷新 資産一覧ビュー、情報ページ、CMBD一覧ビューのUIを刷新し、操作性とパフォーマンスを向上 資産とCMDBの一覧ビューで、資産の一括編集に対応 資産一覧ビューと情報ページのユーザーインターフェースをAPI V3に基づいて更新 ユーザーが一覧ビューからカスタムフィルターを使用して資産のフィルタリングが可能となる機能を追加 モバイルアプリのセッション管理 [APIキーの自動生成を許可]オプションを、セルフサービスポータル設定/アプリケーション設定から削除 ユーザーが技術担当者キーを生成することなく、モバイルアプリにログインできる仕様に変更 [管理/ESMディレクトリ]→[一般設定]→[セキュリティ設定]で、モバイルアプリのセッションのアイドルタイムアウトを設定できる機能を追加(新規インストールの場合、モバイルアプリのデフォルトのアイドルタイムアウトは30分です) リクエストレポートの機能強化カスタムレポートの作成中、 レポートタイプ[リクエストのメトリクスレポート]が導入され、特定のグループ化されたリクエスト値に基づいて完了したリクエストの累積データを提供する機能を追加 [リクエストのタスク]をタスクのサブモジュールとして新たに追加 ユーザーがリクエスト詳細ページに記載されているすべてのリクエストのプロパティを使用して、リクエストレポートを作成できる機能を追加(SLA違反/保留日時/未割り当て時間/リクエストの期間に基づく派生リクエストのプロパティも使用可能です) リクエストレポートに新規カラムを追加 変更向けに関連付けられたタスククロージャ 変更がキャンセルされた際、変更に関連付けられたタスクをキャンセルする機能を追加 チャットの機能強化 技術担当者が、進行中のグループチャット/コラボレーターチャットから退出できる機能を追加 管理オプションを使用して、既存のコラボレーターの削除、コラボレーターとは別の技術担当者の追加、コラボレーターチャットの件名の編集を実行できる機能を追加 Key Manager Plus連携 Key Manager Plusで発生したSSL証明書の期限切れや脆弱性に関連するアラートに基づいて、自動的にリクエストを起票する機能を追加 リモートでSSL証明書の導入や、脆弱性のスキャンを開始できる機能を追加 自己署名証明書やMicrosoft CA証明書をリモートで更新できる機能を追加 CMDBからKey Manager Plusに証明書を同期できる機能を追加 承認コメントの必須化 リクエストの承認コメントを必須にする機能を追加(SDAdminsにて、[管理]→[セルフサービスポータル設定]で、本オプションを有効に、ESM設定を設定している場合、OrgAdminsにて、[管理]→[セルフサービスポータル設定]で、特定のインスタンスに対して本オプションを有効にできます) 最終ログイン成功/失敗日時 ユーザーがServiceDesk Plusにログインした際、最後に成功/失敗したログインの試行情報をバナーで表示できる機能を追加(バナーは10秒後に自動的にクローズします) ユーザーセッションがすでにアクティブで、ユーザーアカウントへ複数回ログインが実施された場合、進行中のすべてのユーザーセッションでバナーに警告メッセージを表示する機能を追加(本バナーは手動でクローズしてください) ユーザーが最後に行ったログインの成功/失敗に関する情報を、ログアウトセクションに表示する機能を追加 SDF-90182 : SAML認証でUPNベースのログインに対応… [続きを読む]


baloonビルド11126以降へのアップグレードに関する注意事項

本ナレッジは、「Withdrawing Servlet APIs for Asset Management」および「システム要件」の内容を参考に作成したものです。 ビルド11126以降にアップグレードする際、以下のアラートが表示される場合があります。 アップグレードを続行する場合、「はい」および「OK」をクリックしてください。 1つ目のアラートは、資産管理のためのServlet API操作のサポートを終了することをお知らせしています。 Servlet APIのサポートは、ServiceDesk Plusのビルド11119とAsset Explorerのビルド6713で終了となりました。 Servlet APIに基づいて動作するスクリプトをお使いの場合、CMDB APIでスクリプトを更新してください。 [管理] >[ 一般設定] > [API] > [ドキュメント] > [CMDB] から、資産の追加、更新、削除などの操作を実行するための 高度な CMDB API を使用できます。   2つ目のアラートは、アンチウイルスソフトを使用する際の注意点をお知らせしています。 ServiceDesk Plusと同じシステム上で実行されているSymantecなどのアンチウイルスソフトウェアは、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。そのため、システムにアンチウイルスソフトウェアを設定している場合、ServiceDesk Plusのディレクトリをアンチウイルススキャンの対象から除外するか、同システム上のアンチウイルスソフトウェアの使用に注意することを推奨いたします。 [続きを読む]


baloonServiceDesk Plus 11.1のサービスパックリリース情報

11144ビルド リリースノート リリース日:2021年4月21日 機能強化、不具合修正は以下の通りです。 機能強化 SDF-79071 : SSL証明書のインポートで、PFXファイルのURLを介して参照される中間証明書の自動ダウンロードに対応   不具合修正 【脆弱性】 SD-93399 : 購買リクエストを購買注文書に関連付ける際の権限昇格の脆弱性に対応 SD-93446 : 権限のないユーザーがインライン画像を表示できる不具合を修正 SD-93436 : 購買リクエストに添付ファイルを追加する際の特権昇格の脆弱性に対応 SD-93430 : 購買リクエストの履歴における権限昇格の脆弱性に対応   【リクエスト】 SD-93223 : 基準が必須項目ではない場合、基準を設定しないとリクエストライフサイクルで移行ルールを保存できない不具合を修正 SD-93264 : メールを介して作成されたリクエストで、添付ファイルのファイル名の先頭にスペースが含まれていると、アプリケーションから空のファイルとしてダウンロードされる不具合を修正 SD-93265 : タスクを設定/解除するように設定されたフィールド&フォームルールが、依頼者のログイン時に実行されない不具合を修正 SD-93291 : リクエストのテンプレートが更新された際、リクエストのテンプレートの回答がリクエストに保持されない不具合を修正 SD-93433 : [リクエスト通知先]フィールドにスペースが含まれている場合、依頼者のログインからリクエストを追加できない不具合を修正 SD-93149 : 技術担当者がリクエストの依存関係を設定している場合、サイトのすべてのリクエストを表示できない不具合を修正   【変更】 SD-92071 : カスタムスクリプトのフィールド&フォームルールで、[変更オーナー(Change Owner)]/[変更マネージャー(Change Manager)]の追加/削除オプションが使用できない不具合を修正   【管理】 SD-93224 : サービス要求で、組み込みの[addMoreResource]のスクリプトを使用したフィールド&フォームルールが機能しない不具合を修正… [続きを読む]


baloonServiceDesk Plus 11.0のサービスパックリリース情報

11010ビルド リリースノート 2020年3月19日リリース 新機能、機能強化、仕様変更、不具合修正は以下の通りです。 新機能 【Enterprise Service Management (ESM)】 SDF-42635: ServiceDesk Plusは Enterprise Service Management (ESM)の機能を追加しました。これにより、ITサービス(ITSM)管理のベストプラクティスが、人事、管理、財務、施設など他のサービスにも対応できるようになりました。 それぞれの業務機能では、テンプレート、カテゴリー、特定の機能への設定を備えた専用のサービスデスクインスタンスが作成できます。例えば、人事配下では、新入社員オリエンテーションのテンプレートをリクエストしたり、ファシリティ配下ではエアコンサービスをリクエストすることができます。 これらのサービスデスクインスタンスを作成する前に、ESMディレクトリを設定する必要があります。これはユーザー情報、サービスデスクインスタンス、インスタンスへのユーザーの関連付けを含む、全ての組織データの中央リポジトリになります。 全てのユーザーがESMポータルにログインでき、サービスデスクにアクセスして特定の問題を送信できる機能を追加。インスタンスへのユーザーの権限はESMディレクトリにおいて設定できます。アプリケーションは単一のサービスデスクまたは複数のインスタンスのどちらも設定できます。 ESM追加における仕様変更についても併せてご確認ください。 【その他】 SDF-35387、 SDF-39629:SDAdminはリクエストをカテゴリー、グループ、優先度、ステータスをもとにリストビューページ内の色分けできる機能を追加しました。色を設定する場合は、リクエストリストビューページでカラーパレットをクリックします。 機能拡張 SDF-59809:VIPユーザーとして技術担当者を追加 SDF-76318:リクエストフォームで、名前、メールID、部署、従業員IDを利用した依頼者を検索できる機能を追加 SDF-59939:技術担当者が複数のメールIDを利用できるように機能を追加 SDF-81176:依頼者に追加フィールドの参照と編集を許可する機能を追加。「セルフサービスポータル設定」から設定できます。 SD-77786:フィールドの上にマウスポインタを置くと、リクエストフィールドのヘルプテキストを表示する機能を追加 SDF-76315:リクエスト情報ページのカスタマイズ 以下のリクエスト情報のレイアウトを移動するカスタマイズが可能です 右パネルのフィールド 回答、タスク、作業ログ、承認、依存関係、時間の分析、履歴タブ 説明、会話、プロパティ どのリクエスト情報ページからも、リクエスト情報のレイアウトをカスタマイズできます。 SDF-57988:複数のSLA サービステンプレートに複数のService Level Agreements (SLA)を含むことが可能 SDF-71102、SDF-71096:グローバルフィールドアンドフォームルール すべてのインシデント/サービステンプレートに共通のフィールドアンドフォームルールを作成する機能を追加 インシデントテンプレートのグローバルフィールドアンドフォームルールは、[管理]->[インシデント管理]->[フィールドアンドフォームルール]において設定できます。 サービス要求テンプレートのグローバルフィールドアンドフォームロールは、[管理]->[サービスカタログ]->[フィールドアンドフォームルール]において設定できます。 SDF-39461、SDF-46108、SDF-60895:バックアップ承認者 「承認者」が対応できないときに、承認アクションをシームレスに行うためにバックアップ承認者を追加できる機能を追加 [ホーム]->[Backup Approver] SDF-70808:テストメール サンプルメールを送信、取得してメールサーバーの設定をテストできる機能を追加 SDF-83181:SSPテーマ 新しく追加されたテーマを利用して、依頼者のセルフサービスポータルをカスタマイズできる機能を追加 SDF-78285、SDF-77796:テンプレートの機能拡張 既存のインシデントテンプレートをサービスカタログとしてコピー、変更できる機能を追加 フォームのカスタマイズにおいて、編集フィールドのポップアップを使用してインラインで追加フィールドを編集できる機能を追加… [続きを読む]


baloonServiceDesk Plus 10.5のサービスパックリリース情報

10513ビルド リリースノート 2019年9月19日リリース 機能追加、仕様変更、不具合修正は以下の通りです。 機能追加 【新機能ーサービスカタログのレイアウト】 SDF-55752 : サービスカタログのレイアウトのカスタマイズ機能を追加 3種類のスタイル[カードビュー、リストビュー、パネルビュー]を使用して、サービスカタログポータルのレイアウトをカスタマイズできる機能を追加しました。 手順:[管理]->[サービスカタログ]->[ポータルレイアウトをカスタマイズ]へ移動します。 詳細はこちらをご覧ください。 SDF-58392 : インシデント/サービステンプレートの拡張 詳細はこちらをご覧ください。 SDF-68642 : 技術担当者の自動割り当て機能を使用し、現在オンライン中の技術担当者のみに割り当てるオプションを追加 手順:[管理]->[インシデント/サービステンプレート]へ移動します。 SDF-77834 : サービス/インシデントテンプレートに、技術担当者用のヘルプテキストまたは手順を追加できるよう機能を追加 手順:[管理]->[インシデント/サービステンプレート]へ移動します。詳細はこちらをご覧ください。 SDF-72412 : インシデント/サービステンプレートで、[説明]および[マルチラインフィールド]の高さが調整できるよう機能を追加 手順:[管理]>[インシデント/ サービステンプレート]から調整可能です。 SDF-70928 : フィールドアンドフォームルールで[スクリプト実行]アクションを使用すると、[マルチラインフィールド]のサイズが調整できる機能を追加 手順:[管理]->[インシデント/サービステンプレート]->[フィールドアンドフォームルール]->[スクリプトの実行]へ移動します。 SDF-57857 : テンプレートリストビューからインシデントテンプレートを有効/無効にできる機能を追加 手順:[管理]->[インシデントテンプレート]へ移動します。 SDF-53936 : インシデントテンプレートをコピーできる機能を追加 手順:[管理]->[インシデントテンプレート]へ移動します。詳細はこちらをご覧ください。 【連携機能の強化】 SDF-68346 : SCCM 連携機能の追加 SCCM(Microsoft System Centre Configuration Manager)との連携により、ServiceDesk Plusの機能を拡大し、デスクトップとWindowsベースのアプリケーションを管理可能になりました。SCCMを使用して資産検出し、ServiceDesk Plusで資産データを更新できます。 手順:[管理]->[ディスカバリ]-> [SCCM連携]にて、SCCM連携の設定ができます。詳細はこちらをご覧ください。… [続きを読む]


baloonServiceDesk Plus 10.0のサービスパックリリース情報

10021ビルド リリースノート 2019年5月31日リリース 機能追加、仕様変更、不具合修正は以下の通りです。 機能追加 【新機能ーリクエストライフサイクル】 SDF-70860:リクエストのステータスの一連の遷移(ライフサイクル)を設定、可視化する機能を追加。リクエストを割り当てられた技術担当者は、簡単に次の流れを確認することが可能です。次のライフサイクルは、リクエストの詳細ページに表示されます。1つのライフサイクルを複数のテンプレートに関連付ける機能を追加。1つのテンプレートに、1つのライフサイクルを関連付けることが可能です。ライフサイクルは、ノード(リクエストのステータス)と矢印で構成します。矢印で、2つのステータスを繋ぎます。各遷移段階では、基準、トリガー、アクション(例:フィールドの更新、カスタムアクションの実行、Webhookのトリガー、タスクの追加、または通知の送信など)のようなルールを作成することが可能です。リクエストライフサイクル機能はログイン権限へアクセス制限を設定することが可能です。権限が付与された技術担当者のみ、特定のリクエストサイクルを実施することが可能です。また、ステータスの実行中にリクエストフィールドを指定することも可能です。[管理] --> [自動化]--> [Request Life Cycles(リクエストライフサイクル)]より、リクエストライフサイクルを設定することが可能です。 SDF-73206:リクエストの詳細ページ - 刷新 リクエストの詳細ページには、ユーザーがすばやくリクエストにアクセスできるように、明確なカテゴリで優先順位が付けられたリクエスト情報を含むUIの改良がなされています。 変更点は以下の通りです: 3つのセクション(リクエストリスト、グローバル編集オプションを使ったリクエスト詳細、スポット編集オプションを使った重要なリクエスト情報)の追加 カスタムアクションは別のドロップダウンリストに表示 作業ログ メール通知によるメモと会話の複合ビュー クロージャの要求ウィザードが導入 リクエストプレビューの改善 リクエストモジュール用の新しい添付ファイル表示 添付ファイルセクションへのファイルのドラッグ&ドロップ機能の追加 [リクエスト]配下で、リクエストをクリック   【リクエスト】 SDF-46761:リクエストリストビューからリクエストステータスを変更するためのオプション SDF-39211:リクエストがインライン編集によって編集されたときに必須のラベルマーク(*)を表示するオプション SDF-40620:ドラッグ&ドロップ機能を使用してファイルをリクエストに添付 ※本機能は新規でリクエストを作成する時、InternetExplorerでは対応しておりません。 SDF-73523:リクエストを共有している間、依頼者のEメール情報が表示 SDF-46873:[会話]の下で、作成の最も早い時期は最近の時間に基づいて、要求通知とメモをまとめては個別に並べることが可能 SDF-50913:[会話]の下のフィルタを使用することで、ユーザーの電子メールとシステム通知を区別して表示可能 SDF-52282:リクエスト終了ウィザード リクエストを閉じるときに、リクエストクローズウィザードを使用して、欠けている必須フィールドに入力するようにします。 解決方法、カテゴリ/サブカテゴリなどの終了規則([管理] >> [要求終了規則])に設定されている必須フィールドに入力せずに技術者が要求を終了すると、これが便利になります。 見逃したフィールドに記入することが可能です。 SDF-47194:会話の下で、返信および転送アイコンはすべてのユーザーの電子メールまたはシステム通知の右上にあります。 SDF-59782:データベースの直接問合せを使用して、要求印刷プレビューにデフォルトで表示されるようにセクションを構成します。 ただし、ユーザーは印刷プレビューページ内の任意のセクションを選択して表示可能 SDF-63476:要求の詳細ページにある説明のインライン画像には、ダウンロードと印刷のオプションがあります SDF-76768:MDM(モバイルデバイス管理)-ServiceDesk Plusリクエストアクションに次の機能を追加 プロファイルをデバイスとグループに関連付けるオプション アプリをデバイスやグループに配布するオプション デバイスのMDM管理を解除するオプション ステージングされたデバイスをユーザーに割り当てるためのオプション デバイスをグループに割り当て/移動するためのオプション 【連携機能の強化】 SDF-74562:[ADManager Plus]メニューは、[ADManager… [続きを読む]


baloonServiceDesk Plus 9.4のサービスパックリリース情報

9426ビルド リリースノート 2018年12月26日リリース 機能追加、仕様変更、不具合修正は以下の通りです。 機能追加 【分析機能の強化】 SDF-69532:ManageEngine Reports(オンプレミス)またはZoho Reports(クラウド)との連携による高度な分析機能 - プロジェクトとソリューションに対応 プロジェクト管理の分析 1つのコンソールで、すべてのプロジェクトの進行状況を同時に追跡します。本レポートにより、ボトルネックを特定し、バーンダウンチャートおよびバーンアップチャートを使用してプロジェクト活動を詳細に監視するのに役立ちます。 ソリューション/ナレッジベースの分析使用パターンを分析、セルフサービスソリューションの関連性を測定しつつ、ナレッジベースの記事を最新の状態に保つことに役立ちます。 リクエストの移行履歴の分析リクエストの移行履歴を分析します。例えば、以下の分析が可能です。 各リクエストが別の技術担当者に再割当てされた回数 保留(On Hold)ステータスのリクエストの合計時間 各リクエストに対応した技術担当者グループ数 【サービスカタログ】 SDF-73175 :サービスカタログ編集画面[資産情報] -> [資産の追加]にて、個々の資産コストをデフォルトのサービスコストとあわせてマークできる機能を追加。依頼者がすべてのサービスコストを把握できるようにする機能、および承認者は関連コストに基づいてアクションを実行できます。 【連携機能の強化】 SDF-61123 : ServiceDesk PlusとMobile Device Manager Plus連携機能を追加 - 紛失したデバイスを追跡したり、デバイスをロックしたり、データを消去したりするなど、さまざまなタスクを実行することが可能です。 SDF-31037, SDF-45095, SDF-37001 : Active Directoryからのユーザーインポートで、社員IDと整数型のフィールドとしてアカウントの期限の取得に対応 SDF-70656 :ADManager Plus連携にてユーザーインターフェースの刷新 - ADManager Plusを介してActive Directoryに対し、以下のユーザー管理アクションに対応しました。 グループに追加 部署の変更 マネージャーの変更 フォルダのアクセス許可の削除 グループから削除 フォルダのアクセス許可の設定ServiceDesk Plusの画面より、ユーザー作成フォームに表示するフィールドを設定できる機能に対応。 特定のテンプレートに個々のユーザードメインをマッピングすることが可能です。テンプレートの内で選択するフィールドは、Active Directory側で変更する必要があります。 上記機能は、ADManager Plus ビルド6640以上と連携した場合でのみ利用可能です。… [続きを読む]


baloonServiceDesk Plus 9.3のサービスパックリリース情報

9335ビルド リリースノート 2018年3月7日リリース 機能追加、仕様変更、不具合修正は以下の通りです。 機能追加 SD-68320 :エージェントのサーバーIPアドレスを設定するオプションを追加 (「管理」→「ディスカバリ」→「Windowsエージェント設定」→「構成」より設定できます) SD-68259 : デフォルトウィジェットにスクロールの機能を追加 SDAdminsおよびSDSiteAdminが、管理タブおよびプロフィールボタンよりiOSおよびAndroid向けアプリサイトにアクセス可能なリンクを用意   仕様変更 次のV3 APIインプットパラメータを変更 "INPUT_DATA" を "input_data"に変更 次のV3 APIの仕様を変更 "Technician key"を"authtoken"に変更 (リクエストヘッダーで送信する必要があります) SD-67022 : ユーザーのドロップダウンのように部署のドロップダウンで無制限にスクロールできるよう仕様を変更 SD-67829 : プロジェクトのすべてのリストで最大100アイテム表示する仕様に変更 SD-69087 : Apple 向けプッシュ通知の証明書を更新。証明書の有効期限は 2017/10/29 SD-65046 : ログインページのパスワードフィールドのオートコンプリート機能を無効に変更   不具合修正 【ホーム】 SD-67723 : 休暇の通知で休暇の開始日と終了日が入れ替わる不具合を修正   【ダッシュボード】 SD-67691 : 問題/変更でサイトの変更時にグラフが更新されない不具合を修正 SD-69078 : カスタムレポートでグループオプションを選択した場合、折れ線グラフと面グラフがダッシュボード内のウィジェット表示が崩れる不具合を修正 SD-69212 : リクエストサマリレポートのプロジェクトで開始日および終了日の先週および今週の日付が異なる日付を表示する不具合を修正   【リクエスト】… [続きを読む]


baloon9300ビルドへのアップグレード方法

【ご注意】 ServiceDesk Plus9.3の最新ビルドへのアップデートは、ビルド9300以上より可能です。 現在、ビルド9200-9241以前のビルドをお使いの場合で最新ビルドへアップデートするには、ビルド9200-9241にアップデート後、9300ビルドへアップグレードする必要があります。 このページでは、ビルド9200-9241から9300へのアップデート方法を紹介しています。 アップデートを実行する前に、必ず、現在ご利用中のServiceDesk Plusのビルド番号を確認してください。 ----ビルド番号の確認方法-------------------------------------------------------------- 1. ServiceDesk Plusにログイン 2. ログインホームページの右上にある「?」アイコン -> 「詳細」リンクをクリック 3. ビルド番号が表示される ---------------------------------------------------------------------------------------- * アップデート用のサービスパックは、保守ご契約ユーザ様にご提供しています。 * サービスパックのダウンロードリンクは、保守ご契約ユーザ様に送付している保守メールをご参照ください。 ================================================ 現在、ビルド9100(9100-9121)、それ以前のServiceDesk Plusをご利用中のお客様は、ビルド 9200へのアップグレードが必要です。 ■ 最新ビルドへのアップデート方法(バージョン9.2版) 9200ビルドへのアップデート方法 ================================================ ご利用中のServiceDesk Plusのビルド番号が9200-9241であることを確認したら… !本番環境でのアップグレード前にご確認下さい! 【テスト環境でのアップグレードテスト】 本番環境でアップグレードを実行する前に、以下の点からテスト環境でアップグレードのテストを実施していただくことを推奨いたします。 ・重要なデータの損失の防止 ・アップグレード後の稼働環境の確認 【アップグレード時の注意点】 ・アップグレードによる障害を防止するため、バックアップの取得をお願い致します。 ・データのバックアップはアプリケーション内にあるデータの容量に依存しますので、故意にアップグレードプロセスを切断しないようお願いいたし ます。 【サービスパックの適用方法】 1. ServiceDesk Plusをシャットダウン 2. <インストールディレクトリ>binディレクトリ配下のUpdateManager.bat (Linuxの場合はUpdateManager.sh) を実行してUpdateManagerを起動 3. [Browse]をクリック後、 ManageEngine_ServiceDesk_Plus_9_2_0_SP-1_0_0.ppm を選択して[開く]をクリック後、[Install]をクリック -- インストールが開始されます… [続きを読む]


baloonServiceDesk Plus 9.2のサービスパックリリース情報

9241ビルド リリースノート 2017年3月13日リリース 機能追加、仕様変更、不具合修正は以下の通りです。 機能追加 SDF-38562: グローバル検索に追加フィールドで購買注文書を検索する機能を追加 SDF-62529: セルフサービスポータルに表示される過去の割り当てメールなどシステムから生成される通知を自動削除する機能を追加 SD-65267: CSV経由でユーザーをインポートする際、パスワードが更新される動作を無効化する機能を追加 仕様変更 "関連するすべてのインシデントに問題のソリューションとワークアラウンドを複製する"を自動実行のオペレーションに変更 "関連するすべてのインシデントをクローズする"を自動実行のオペレーションに変更 デフォルトで、問題クローズルールが設定されると、設定されたルールを問題クローズ時に表示されるように変更 "Font Family"を"Roboto"フォントに変更 *上記仕様変更により、9241へアップデート後に、任意で変更した書式はリセットされますそのため、再設定をお願いいたします。 アップグレード後に、"Active Directoryインポート/LDAPインポート/ユーザーの動的追加/新規メール受付時の追加"によって追加された新規ユーザーは、ローカル認証用にランダムパスワードが設定されるように変更 リクエスト一覧表示画面において、既読リクエストと未読リクエストの区別をつけるために件名だけではなく、未読リクエストの行全体を強調表示するように変更 不具合修正 【リクエスト】 SD-60716: リクエストに紐づいたサイトが削除されると、リクエストを再オープンできない不具合を修正 SD-62862: SLAが適用されたリクエストにおいて、紐づいたサイトが削除されると、リクエストをクローズできない不具合を修正 SD-63935: Mozilla Fire foxブラウザーでServiceDesk Plusを利用している場合、タスク一覧表示からタスクオーナーを割り当てできない不具合を修正 SD-64373: 変更依頼者が関連付いていないと、リクエストの依頼者情報が"Null"になる不具合を修正 SD-65126: 技術担当者画面で既読の通知と未読の通知が区別されない不具合を修正 SD-65164: サービス要求において承認タブを表示するとき、依頼者情報画面でスクロールバーが表示されない不具合を修正 【問題】 SD-62446: 管理者画面のホームタブで表示される"未割り当ての問題"の数と問題タブで表示される"未割り当ての問題"の数が一致しない不具合を修正 SD-63633: リクエストクローズ権限が付与されていない技術担当者でも問題がクローズされた際、関連付いているすべてのインシデントをクローズできる不具合を修正 SD-63845: Standard EditionとProfessional Editionで問題タブが表示される不具合を修正 SD-65151: 問題の表示権限を持つ技術担当者が各リクエスト情報内の"問題の表示"から問題を表示できない不具合を修正 【変更】 SD-61466: 変更承認メールに記載されているURLから変更リクエストにログインせずにアクセスすると、添付ファイルがダウンロードできない不具合を修正 SD-64258: 変更リクエストの計画ステージでアーカイブされたインシデントを表示すると、レンダリングエラーが発生する不具合を修正 SD-64271: クローズされた問題リクエストのステータスが"Open"に変更されると、変更リクエストがクローズされた日時が空白になる不具合を修正… [続きを読む]