明日からはじめられる
システム障害に備える方法

製品紹介セミナー
開催場所:都内
  

担当するシステムで障害発生!社内からのクレームやお客様からの問い合わせが殺到、売上にも影響が… 想像するだけでゾッとするそんな状況を経験したことがあるという方も少なくないのかもしれません。多くのサービスがITで提供される現代、まだ障害対応を経験したことのない方も「何も備えられていないのはマズい」ということは頭では解っていることでしょう。明日からはじめられます。まずは本セミナーにご参加ください。

このセミナーに申し込む

こんな方にオススメ

  • 障害対応に時間がかかりすぎてしまい残業が続いている
  • 現在導入している監視ツールに課題がある
  • OpManager、NetFlow Analyzer、Applications Managerについて詳しく知りたい

プログラム

15:00〜15:10 はじめに 〜システム障害について〜
15:10〜15:50

まず、インフラ全体の状態を瞬時に把握せよ

ITインフラ統合監視ソフト

障害対応を担う情報システム部門の担当者によくある悩みやそれを解決する機能、他社製品との違い、製品デモを通じて、この製品により現場がどうなるのかをご説明いたします。

15:50〜16:00 休憩
16:00〜16:40

ネットワークトラフィックに異常があれば、
その内訳を確認せよ

NetFlow・sFlowコレクター

SNMPでは見られないトラフィックの内訳を可視化するのがxFlowです。このセッションでは、xFlowやフローコレクターとは何か、またトラフィックに潜む原因の特定をこの製品でどのように実現することができるのか、デモを交えてご説明いたします。

16:40〜16:50 休憩
16:50〜17:30

インフラに異常がなければ、
アプリケーションのボトルネックを特定せよ

アプリケーションパフォーマンス監視ソフト

インフラ層に問題がなければアプリケーション層に原因が潜んでいるということになります。データベースやWebサーバー、アプリケーションサーバーのパフォーマンス監視からプログラムの処理の遅延個所まで特定するこの製品でどのようにボトルネックの調査を実施するのかをご紹介します。

17:30〜17:40 おわりに 〜ManageEngine監視系製品の選び方〜
17:40〜18:00

個別相談会

貴社または貴社の提案先となるお客様が現在抱えている課題、導入を検討している各ソフトウェアについてお気軽にご相談ください。
※ 参加、途中退出自由

概要

セミナー名 明日からはじめられるシステム障害に備える方法 - 製品紹介セミナー
主催 ゾーホージャパン株式会社
日時 2018年6月27日(水)15:00〜17:40(開場 14:45)
会場 TKP東京駅セントラルカンファレンスセンターカンファレンスルーム12B
<アクセス>
JR山手線 東京駅 八重洲中央口 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線 東京駅 八重洲中央口 徒歩1分
地図を見る
定員 20名
参加費 無料  ※事前に申込が必要です
このセミナーに申し込む

注意事項
※写真はイメージです。実際の会場、スタッフと異なる場合があります。
※セミナーのプログラムは予告なく変更される場合があります。
※競合会社または当社が参加対象として不適切だと判断した場合はご参加をお断りする可能性があります。
※お申込みいただいた情報は、ゾーホージャパン株式会社からの申込完了メールの送付や問い合わせに対する回答、製品やサービス、イベントに関する最新の情報提供のために利用させていただきます。正確な情報を記入していただくようお願いいたします。
※ 本ページに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。

お問い合わせ
ゾーホージャパン株式会社 イベント運営事務局
TEL: 045-319-4613 (受付時間 9:00〜18:00/土日・祝日除く)