ニュース

ニュース

プレスリリース

ゾーホージャパン、サービスプロバイダー向けサービスデスク運用ツール
「ManageEngine ServiceDesk Plus MSP 7.5」を発売

2010年7月13日

 ゾーホージャパン株式会社 (代表取締役:山下 義人、本社:横浜市) は、本日、ITIL(IT Infrastructure Library)サービスサポートの機能やプロセスをカバーする、サービスプロバイダー向けのサービスデスク/ヘルプデスク構築・運用ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus MSP 7.5 日本語版」の販売を開始します。

製品概要

 ManageEngine ServiceDesk Plus MSP (以下、ServiceDesk Plus MSP)は、サービスプロバイダーが、複数の顧客企業を対象とするサービスデスク/ヘルプデスクを運用するためのWebベースのソフトウェアで、サービスデスクの構築・運用とIT資産管理の2つのソリューションを提供します。サービスプロバイダーが複数の顧客企業にサービスですクを提供する場合でも、1本の ServiceDesk Plus MSP で、顧客企業ごとに適切なワークフローを構築してサービスデスクの運用とIT資産管理を行うことができます。

 ServiceDesk Plus MSP は、全世界で1万6,000社の利用実績を有する、一般企業向けサービスデスク運用ツール「ServiceDesk Plus」の機能をサービスプロバイダー向けに拡張した製品です。ServiceDesk Plus MSP を使用することにより、同時に複数の顧客企業向けにサービスデスク・サービスを提供することが可能です。ITILサービスサポートのプロセスであるインシデント管理、問題管理、変更管理、および構成管理データベースをサポートしており、サービスプロバイダーの顧客企業向けサービスデスク業務とIT資産管理の自動化を支援します。特別なITの知識を必要とせず、見やすい画面でエンドユーザーからの問合せ(インシデント)に対するチケットの発行や管理、インシデントから問題/変更へのエスカレーション、IT資産や契約のライフサイクル管理などを簡単に実現することができます。また、多言語対応でブラウザーごとに表示言語を選択できるので、多様な利用環境やユーザーに適用することができます。導入も非常に簡単で、アプリケーションサーバーとデータベースをバンドルしたパッケージ製品のため、サーバーを一台用意してインストールするだけで利用することができます。導入費用を最小限に抑え、かつ、短期間でサービスデスクの構築が可能です。また、バックアップ実行やIT資産スキャンなどのスケジュール機能により、運用負荷を軽減することができます。

 ServiceDesk Plus MSP には、Standard / Professional / Enterprise の3つの Edition があり、利用目的に応じて最適な Edition を選択することができます。なかでも、Enterprise Edition は、ITIL に準拠した効果的かつ効率的な IT サービスサポートの実現に最適です。複数の顧客企業にサービスデスクを提供するサービスプロバイダーのための ITIL サービスサポートとIT資産管理を容易に実現し、ユーザー満足度の向上に貢献します。

機能概要

 ServiceDesk Plus MSP の主な機能は、次のとおりです。

複数の顧客企業のサービスデスクの運用と資産の管理ができます。顧客企業ごとにアカウントを設定し、サービスデスクのワークフローと担当者を設定できます。表示するロゴもカスタマイズ可能です。

メール、Web でのユーザーからの問い合わせに対してチケットを自動発行します。また、Active Directory、LDAP、CSV ファイルからユーザー情報をインポートでき、ユーザー管理の負担を軽減します。

依頼者ごとに独自のセルフサービスポータルを設定できます。回答、回避策、ソリューションをそのままナレッジとして登録でき、蓄積していくことができます。ナレッジごとに公開/非公開の設定が可能です。

多彩なレポートをワンクリックで作成することができます。スケジュール設定することで、月次レポートなど定期的にレポートが自動生成され、作業負荷を軽減します。PDF や CSV 形式へのエクスポートも可能です。

ドメイン/ネットワーク・スキャンを使用することで、顧客企業ごとに、IT資産のインベントリ情報を自動で作成できます。インシデント、問題、変更と障害発生機器を関連付けることで障害履歴を機器ごとに確認できます。

ソフトウェアライセンスの購入数と使用数を効率的に管理し、最適化します。ライセンスのないソフトウェアのインストールを検出し、禁止ソフトウェアの使用者を特定します。コンプライアンス対応に最適です。

調達した全 IT 資産の製品タイプ、ベンダー、価格等購買情報を管理できます。サポート契約や保守契約とその契約有効期間を一元管理し、契約の詳細情報を検索することができます。

複数のインシデントから問題を作成することができます。問題の検出、根本原因の解析、ソリューションの追加までを一連の流れとして記録することができます。問題の情報を共有することで、再発防止が可能です。

インシデント、問題から発生した変更に対し、変更実施プランや復旧プランを定義して RFC(変更要求) を作成します。RFC は CAB(変更諮問委員会)メンバー/変更承認者によるシステムの構成変更の評価/承認プロセスを経ることで、各変更のステータスを明確にすることができます。

  • アカウント管理
  • インシデント管理
  • ナレッジベース
  • レポート作成
  • IT資産管理
  • ソフトウェアライセンス管理
  • 購買管理 / 契約管理
  • 問題管理
  • 変更管理

Edition による機能の違い

 ServiceDesk Plus MSP には、3つの Edition があります。各 Edition に実装された機能は、次のとおりです。

主な機能Enterprise Edition
ITIL準拠のサービスデスク
+IT資産管理機能
Professional Edition
サービスデスク
+IT資産管理機能
Standard Edition
サービスデスク機能
のみ
アカウント管理/インシデント管理
ナレッジベース/レポート生成
IT資産管理
購買管理 / 契約管理
×
問題管理 / 変更管理××

動作環境

 ServiceDesk Plus MSP の最小システム要求 (5-20 オペレーター(※1) / 資産管理機器 200 ノード(※2) の場合) は、次のとおりです。

ハードウェアCPU:
Intel Core 2 Duo プロセッサー 以上
クロック数:
1.7 GHz 以上
メモリー:
1 GB 以上
ハードディスク:
20 GB 以上
OSWindows Server 2003 / 2008
Linux Red Hat Enterprise Linux 7.2 以上
WebブラウザーInternet Explorer 7.0 以上
Firefox 2.0 以上

※1 「オペレーター」はServiceDesk Plus MSP に寄せられたユーザーからの問い合わせを処理する技術担当者です。

※2 「ノード」 は資産管理対象となるIPアドレスを有するワークステーションです。250台以上の場合、追加オプションの購入が必要です。

ライセンスと価格

 ServiceDesk Plus MSP 7.5 の主なライセンスと価格(消費税別)は、次のとおりです。

製品名通常ライセンス(※1)年間ライセンス(※2)
Standard Edition5 オペレーター¥764,000¥255,000
Professional Edition (250 ノード)5 オペレーター¥1,120,000¥374,000
Enterprise Edition (250 ノード)5 オペレーター¥2,242,000¥748,000

※1 年間ライセンス価格には、保守サポートサービスが含まれています。

※2 通常ライセンス価格には、初年度の保守サポートサービスが含まれています。

 

製品情報

※ ITIL(R)( IT Infrastructure Library)は、英国及び欧州連合各国における英国政府OGC(Office of Government Commerce)の商標または登録商標です。
※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。