ニュース

ニュース

プレスリリース

新機能「リモートエージェント」と「Syslogビューアー」で
リアルタイムかつ信頼性高いログ管理を実現!
- イベントログ・Syslog管理ツール 「ManageEngine EventLog Analyzer 7.2」 をリリース

2012年3月12日

 ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、イベントログおよびSyslogを対象とするログ管理ツール「ManageEngine EventLog Analyzer (マネージエンジン イベントログ アナライザー、以下、EventLog Analyzer)」に新機能の追加や機能を強化し、「リリース7.2」 として、本日、出荷を開始しました。

 最新版の7.2では、リモートエージェント機能に対応した他、Windows環境で利用可能なSyslogビューアー機能を追加しています。リモートエージェント機能は、エージェントがイベントログの収集およびフォーマット成形処理を代行することで、EventLog Analyzerにかかる負荷を軽減します。また、SyslogビューアーではデバイスのSyslog転送状況をリアルタイムに確認できます。これらの機能を活用することで、イベントログ・Syslogのリアルタイムかつ信頼性の高い管理が可能となります。他にもレポートや対応ログの種類を追加し、多様な環境やニーズに応えるログ管理ツールへと進化しています。

主な新機能および改良点

EventLog Analyzer 7.2の主な新機能を紹介します。

  • リモートエージェントに対応

エージェントをリモートの各WindowsホストにインストールしてWindowsイベントログを収集し、EventLog Analzyerが使用するフォーマットに成型して転送する機能です。通常EventLog Analyzerが各WindowsホストにログインしてWindowsイベントログの収集後、フォーマットの成型処理を行うのに対し、エージェントがその処理の一部を代行することでEventLog Analyzerの負荷分散を実現します。エージェントレスでの収集に比べてパフォーマンスが良く、ログ管理の業務効率の向上を期待できます。

リモートエージェント管理画面リモートエージェント管理画面

Syslogビューアー機能を利用することで、各SyslogデバイスからEventLog Analyzerへ送信されるSyslogをタイムリーに確認することができます。実際にSyslogデバイスからSyslogが送信されているかを確認するためのトラブルシューティングなどに活用できます。

  • Syslogビューアー機能の追加
Syslogビューアー画面Syslogビューアー画面

RADIUSサーバーを用いたユーザー認証が可能です。RADIUSサーバーに使用されるプロトコルとして
PAP、CHAP、MSCHAPなどに対応しています。

リリース7.2より、日本語を含んだIBM AS/400のログの表示に対応しています。

使用プリンター、ユーザー名、ファイルサイズなどのプリンタージョブに関するログのプリントサーバーログの収集とそのレポート生成に対応しています。同様に、クライアントエラー、リクエスト、リダイレクトに関するログのApacheサーバーログのインポートとそのレポート生成にも対応しています。

  • RADIUSサーバーを用いた認証に対応
  • IBM AIXサーバーレポートを追加
  • プリントサーバーログ、Apacheサーバーログに対応

製品概要

  EventLog Analyzerは、ネットワーク内のWindowsホストやUnixホスト、ルーター、スイッチなどのSyslogを出力する機器から収集したログデータをレポートにまとめ、イベントの状況把握を可能にします。また、指定の条件に合致するログを受信した際にメールで通知し、24時間いつでも、どこでも、システムやネットワークの問題を把握することが可能です。

Windows、Unix サーバー、スイッチ、ルーターなどからWindowsイベントログやSyslogをエージェントレスで収集します。収集したログ情報の保存には、フィルター設定が可能です。

収集したログを分析し、発生イベント毎にホストやユーザーをリスト表示するイベントレポート、ホストやイベントの傾向を示すトレンドレポートなどをリアルタイムに生成します。レポートのカスタマイズやスケジューリングも可能です。

指定したホストまたはホストグループについて発生イベントの監視を行い、イベントの種類やメッセージ等で設定した条件に合致すると、アラートを生成します。アラート通知設定により、特定イベントの発生時の迅速な対応を可能にします。

SOX、GLBA、HIPAA、FISMA、PCI-DSSのコンプライアンス監査対応用に、適合するコンプライアンスレポートを生成します。

組織のニーズに応じたレポートを簡単に生成することができ、CSVまたはPDF形式でエクスポートも可能です。スケジュール設定により、定期的なレポート生成や、指定した宛先へのレポートの自動メール送信が可能です。

  • Windowsイベントログ、Syslogのログ収集・保存
  • Windowsイベントログ、Syslogのログ分析とレポート生成
  • Windowsイベントログ、Syslogの監視とアラート通知
  • コンプライアンス監査対応のレポート出力
  • カスタムレポートの生成とスケジューリング

各Edition の対象、構成、機能

 EventLog Analyzer には、利用環境や目的に合わせて選べる3つのEditionを用意しています。

機能比較Professional EditionPremium EditionDistributed Edition
最大監視可能ホスト/アプリケーション数5005005000
構 成単一サーバー単一サーバー2階層分散構成
Windowsイベントログ/Syslogの収集
ログのアーカイブ(ZIP化)、暗号化 / アラート機能 / レポート機能
Windowsイベントログファイルのインポート
Syslogファイルのインポート×
MS SQL Server (バックエンドデータベースとして利用)×
Active Directory ベース認証×

ライセンスと価格

EventLog Analyzer の主なライセンスと価格(消費税別)は、次のとおりです。

製品名年間ライセンス
(消費税別、保守サポート付)
通常ライセンス
(消費税別、初年度保守サポート付)
Professional Edition 10 ホストパック¥68,000¥196,000
Premium Edition 10 ホストパック¥136,000¥490,000
Distributed Edition 200 ホストパック¥1,062,000¥3,264,000

監視対象

  • Windows - NT / XP / Vista / 7 / 2000 / 2003 / 2008
  • Linux - Red Hat、Debian など
  • UNIX - Solaris、HP-UX など
  • スイッチおよびルーターなど
  • SNARE for Windows
  • IBM AS/400 - V5R1 / V5R2 / V5R3 / V5R4 / V5R5 / V6R1 (日本語環境未対応)

動作環境

ハードウェアCPU:  1GHz Pentium Dual Core Processor以上
クロック数:  1GHz 以上
メモリー:  2GB 以上
ハードディスク:  5GB 以上
OSWindows 2003 Server / Server2008 / Server2008R2 ( 32bit / 64bit )
Linux Red Hat Enterprise Linux 4以上 ( 32bit / 64bit )
ブラウザーInternet Explorer 7.0 以上、Firefox 2.0 以上

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。