ニュース

ニュース

プレスリリース

Active Directory運用を効率化するツール群 続々と日本上陸

2014年5月21日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、特に人事異動時や組織改編時に大きな負荷となる、Windows Active Directory上のユーザー情報の更新作業を効率化するID管理ツール「ManageEngine ADManager Plus (以下、ADManager Plus」を、2014年5月21日より出荷および販売を開始します。

ADManager Plus は、Active Directory上のID管理を効率化するツールです。CSVインポートやテンプレート適用によるADアカウント情報やファイルサーバー/Exchange属性の一括更新により、更新作業の時間を大幅に短縮します。また、Active Directory運用時の複数のタスクの自動化やスケジューリング、オブジェクト作成/変更/削除業務における申請/承認ワークフロー機能により、繰り返しの管理作業もセキュリティポリシーを維持しながら自動化できます。多様なフィルター条件指定とスケジューリング送信が可能なレポート機能も備えています。

図1:ADManager Plus による一括設定・自動化・ワークフローイメージ図1:ADManager Plus による一括設定・自動化・ワークフローイメージ

ADManager Plusは、ドメイン数とオペレーター数(製品を利用する管理者以外のユーザー数)に基づくライセンス体系で提供します。管理するADオブジェクト数には依存しません。オペレーター0名で管理者のみの場合、通常ライセンス33.5万円(税別、初年度保守サポート費用込)から提供します。大企業に拘らず中堅規模の企業や組織でも導入しやすい価格設定です。導入前に動作検証が可能な評価版(30日間無料)も提供します。

特長

  • CSVインポートやテンプレート適用による一括設定
    GUIでの一括設定のほか、CSVインポートによるADアカウント情報(ユーザー、コンピューター 、グループ、連絡先)やファイルサーバー/Exchange属性の一括更新が可能です。さらに、共通する属性のテンプレートの適用や、レポート結果からの一括変更など、更新作業の時間を大幅に短縮します。

  • スケジュールやポリシー設定による自動化
    AD管理で手間のかかる繰り返しの設定作業をスケジュールやポリシーとして設定し、自動化できます。長期にわたり使用されていないアカウントの自動抽出と無効化/削除や、入社日や退社日等の指定日に合わせたADアカウントの作成/有効化/無効化/削除/変更や、グループへの追加/グループからの削除などを、スケジュール化して実行可能です。

  • 申請/承認ワークフロー
    ADManager Plusを利用するユーザーの権限として、「依頼者」 「レビュー担当者」 「承認者」 「実行者」 と最大で4つの役割を設定し、作業の申請/承認のワークフローを設定できます。Active Directory上のオブジェクト更新に関する、申請および承認のフローを管理し、セキュリティ・コンプライアンスの側面でも効果的に支援します。
図2:ADManager Plus ダッシュボード画面図2:ADManager Plus ダッシュボード画面

ライセンスと価格

ドメイン数とオペレーター数(管理者以外のユーザー数)に基づくライセンス体系です(ADオブジェクト数には依存しません)。

Professional Edition年間ライセンス
(年間保守サポート付、消費税別)
通常ライセンス
(初年度保守サポート付、消費税別)
1 Domain (無制限 Objects) ライセンス¥152,000¥335,000
1 Domain (無制限 Objects) 2オペレーター ライセンス¥255,000¥629,000

セミナー情報

Active Directory管理製品の導入を検討している方を対象に、無料セミナーを開催します。導入に関する個別相談会も実施します。

セミナー開催日時第1回) 2014年 5月28日(水) 15:00-17:00
第2回) 2014年 6月18日(水) 15:00-17:00
第3回) 2014年 7月25日(金) 15:00-17:00
第4回) 2014年 9月 5日(金) 15:00-17:00
定員各回 20名まで (1社2名まで、事前登録制)
会場ゾーホージャパン株式会社 みなとみらいオフィス (セミナールーム)
会場URLhttp://www.zoho.co.jp/about/access/
セミナー詳細とお申し込みURLhttp://www.manageengine.jp/news/event_ADManager_Plus_seminar.html/

ManageEngine Active Directory 管理ツール群の日本市場での展開について

IT運用管理ソフトウェア「ManageEngine」を日本市場で提供するゾーホージャパン株式会社は、Active Directory運用を効率化するツール群について、2013年10月にリリースした、セキュリティ・コンプライアンス監査対応を効率化するActive Directory監査レポートツール「ManageEngine ADAudit Plus」に加え、新たに2製品の日本語化および日本での販売体制とサポート体制を強化しています。今回のリリースのほかに、2014年7月には、Active Directoryアカウント管理セルフサービスツール「ManageEngine ADSelfService Plus (以下、ADSelfService Plus)」の販売・出荷を開始する予定です。ADSelfService Plusは、社内ユーザーのWindowsのアカウントロック解除やパスワードリセットをユーザー自身が操作できるようにすることで、システム部門を煩わしい運用から解放し、アカウント管理の負荷を大幅に軽減するソリューションです。  ManageEngine の3つのActive Directory管理製品により、日々繰り返し発生し、高負荷になりがちなActive Directory運用を効率化し、システム部門のTCO削減に大きく貢献します。

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。