ニュース

ニュース

プレスリリース

IT運用管理ソフト「ManageEngine」がICT Champion Awardを受賞
年度最優秀のネットワーク管理ベンダーに

2017年8月9日

ゾーホーコーポレーション(CEO:Sridhar Vembu、以下、ゾーホー)のIT運用管理ソフトウェア「ManageEngine」が、中東のシステムインテグレーターやメディアを中心に開催されたICT Champion Awardにおいて、年度最優秀のネットワーク管理ベンダーに選ばれました。

表彰式では、「グローバル市場のIT運用管理ソリューション分野において、統合管理を進め、さらなる躍進を続ける企業」と紹介されました。以下は、2017年6月19日(米国時間)にゾーホーより公開されたプレスリリースの内容をゾーホージャパンが国内向けに抜粋し、加筆・修正したものです。ゾーホージャパンは、今後もManageEngineの提供により、統合的なIT運用管理の推進に貢献します。

ICT Champion Award:http://varonline.com/winners-feted-5th-integrator-ict-champion-awards/

IT運用管理のさらなる統合と推進を進める「OpManager 12」

ManageEngineのサーバー・ネットワーク統合監視ソフトウェア「OpManager 12」は、市場にあるIT管理ソリューションと一線を画し、ネットワーク監視/サーバー監視/コンフィグ管理/Firewallログ管理/IPアドレス管理/スイッチポート管理の統合管理を実現しました。

これらのモジュールは同一データベースで管理され、統合的なダッシュボードやレポートの作成により、迅速な障害の切り分けと解決に寄与します。

プレスリリース原文:https://blogs.manageengine.com/corporate/general/2017/06/19/manageengine-wins-network-management-vendor-of-the-year-in-ict-champion-awards.html

 

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。