プレスリリース

管理センター/PowerShellより簡単!

Office 365セキュリティ強化ツールをリリース!

Office 365の監査・監視・管理を実現「O365 Manager Plus」提供開始

2019年6月7日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、Office 365運用管理ツール「ManageEngine O365 Manager Plus(マネージエンジン オーサンロクゴマネージャー プラス、以下、O365 Manager Plus )」の提供を2019年6月7日より開始いたしました。

O365 Manager Plusは、煩雑になりがちなOffice 365の監査・監視・管理を、ネイティブツールである管理センターやPowerShellよりも簡単に実行できるソフトウェアです。

働き方の多様化や社内のサーバー管理のコスト削減のために、Office 365を活用する組織は年々増加しています。組織の重要情報が多く含まれるようになったことで、サイバー攻撃者の侵入や内部不正による情報流出が危惧されるようになりました。O365 Manager Plusは、Office 365における監査ログの長期的な保管、不審な操作や不適切な権限付与、Azure ADの認証失敗などのセキュリティリスクを700種類以上の定義済みレポート、メールボックス内のコンテンツ検索、アラートなどの機能で迅速に発見し、早期の対処に寄与します。

このように、O365 Manager Plusは、Office 365のセキュアで効率的な管理を実現します。30日間の無料評価版をご用意しており、有料版も年間13.7万円からご利用いただけます。(100ユーザーの場合)

<O365 Manager Plusコンソール画面>

 

管理センター/PowerShellより簡単に、分かりやすく!

O365 Manager Plusの2大特長

「O365 Manager Plus」の特長として大きく2つ挙げられます。

  • 直感的な操作画面 洗練されたシンプルな画面により導入後すぐにご利用いただけます。Office 365に関する様々な情報を機能単位で用意しているため、必要な情報が迷うことなく手に入ります。
  • 情報を一元管理 監査・監視・管理に関する機能やアラート情報を含めた、Office 365に関する情報を1つのコンソールに集約しています。複数のブラウザを開くことなく、簡単に目的の項目に辿り着きます。特に利用頻度の高いレポートやアラートはダッシュボードに配置することで、一目で確認できます。

Office 365の管理コンソールとO365 Manager Plusの機能比較

<Office 365管理コンソールとO365 Manager Plus機能比較表>

■レポート

Office 365全体を網羅した700種類以上の定義済みレポートの自動出力が可能です。コンプライアンスレポートにより、業界の法令の順守状況を簡単に確認できます。スケジュールに従ってメールに添付して通知することも可能です。

■監査とアラート

Office 365では監査ログの保管期間が最大90日までですが、O365 Manager Plusは監査ログを無期限に保存できます。溜まったログはアーカイブ化や復旧も可能です。ユーザータイプに従い予めフィルタリングされた監査レポートを利用してアクションを把握できます。

■管理

Office 365の高度な管理を容易にするCSVを利用した一括処理など、Office 365コンポーネントを個別に管理できます。きめ細かい権限設定により、特定の操作を特定の担当者にのみ委任することもできます。

■監視

Office 365サービスの状態を24時間監視し、サービスの低下を検出すると即時に管理者にメールで通知します。サービスの応答時間とその詳細内容まで確認できます。

■コンテンツ検索

ユーザーが送受信したメール内容を検索できます。組織がメール経由でマルウェアに感染した場合、同様のメールが送られたユーザーを確認できます。また条件を設定することによってクレジットカードの情報などを検出して、機密情報が流出していないか監査可能です。

■マルチテナントの一括管理

マルチテナント対応の管理用ダッシュボードや定期的なレポートのメール通知などの機能を備えています。1つのテナントで複数ドメインのユーザーを登録している場合、仮想テナントを作成してドメインごとの管理が可能です。

その他の製品の特長・機能については、下記概要資料からご確認ください。

【O365 Manager Plusの概要資料】

 

30日間無料/無制限で評価版を利用可能

「O365 Manager Plus」では、30日間無料で全機能を利用でき、技術サポートも受けられる評価版を提供しています。評価版は、以下のリンクよりダウンロードできます。なお、「O365 Manager Plus」の有料版ライセンス料金については、以下の価格ページで確認できます。

【O365 Manager Plusの価格情報ページ】

【O365 Manager Plusの評価版ダウンロード】

 

ダウンロード、インストールから設定まで約2時間

O365 Manager Plusは全て自社でできるセルフ導入式です。ダウンロードからインストール、設定までおよそ2時間で完了します。メールサポートを提供しており、不明点に関しても迅速に回答いたします。

 

ManageEngineについて

ManageEngineは、ゾーホージャパン株式会社が提供するネットワークやITサービス、セキュリティ、デスクトップ・ノートPC、ビジネスアプリケーションなどを管理する製品・サービス群です。必要十分な機能に限定、かつ、直感的な操作が可能な画面設計により、短期間での導入が可能であり、その後の運用フェーズにおいても手間がかからず、よりシンプルなIT運用管理を実現します。

また、中堅・中小企業でも導入しやすいリーズナブルな価格で、これまで大手ITベンダーが提供する複雑で高額なツールを利用していた企業や、ツールを自社開発していた組織にも採用されてきました。現在では、日本国内の一般企業、官公庁や自治体などへ、5,000ライセンスを超える販売実績があり、安心して使える製品・サービスです。

最大で29言語に対応する製品・サービスは、北米、欧州をはじめ、南米、中東、アジアなど世界で18万社以上の企業や組織が導入し、企業・組織のIT運用管理のシンプル化、グローバル化に貢献しています。

 

ゾーホージャパン株式会社について

ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt. Ltd.(本社:インド タミル・ナドゥ州チェンナイ CEO:Sridhar Vembu)が開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ソフトウェア、企業向けクラウドサービスを日本市場に提供すると同時に関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。
企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界18万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。「ManageEngine」は、ネットワーク管理のOEM市場でスタンダードとして認知されてきたネットワーク管理開発ツール「WebNMS」のノウハウや経験を生かして開発されたものです。
また、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で4,500万人を超えるユーザーに利用されています。国内では「Zoho CRM」や、40種類以上の業務アプリケーションを利用できる「Zoho One」を中心にユーザー数を増やしています。

Zoho Corporation

 

お問い合わせ先

■報道関係からのお問い合わせ先: ゾーホージャパン株式会社 マーケティング部 
Mail: jp-memarketing@zohocorp.com TEL: 045-319-4613
■お客様からのお問い合わせ先: ゾーホージャパン株式会社 営業部
Mail: jp-mesales@zohocorp.com TEL: 045-319-4612
■ゾーホージャパンURL:http://www.zoho.co.jp/
■ManageEngine事業サイトURL:https://www.manageengine.jp/

※ 本資料に掲載されている製品、会社などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。®マーク、TMマークは省略しています。