ニュース

ニュース

お知らせ

2015年7月1日のうるう秒挿入における影響について

2015年6月8日

当社ManageEngine製品への影響についてお知らせします。

 

日本法人サポート製品(2015/06/08時点)

 

■ ManageEngine ServiceDesk Plus
■ ManageEngine OpManager
■ ManageEngine NetFlow Analyzer
■ ManageEngine ADManager Plus
■ ManageEngine ADSelfService Plus
■ ManageEngine ADAudit Plus
■ ManageEngine Password Manager Pro
■ ManageEngine Network Configuration Manager
■ ManageEngine EventLog Analyzer
■ ManageEngine Firewall Analyzer
■ ManageEngine Applications Manager

 

Linux環境に上記製品をインストールしている場合、カーネルのバージョンによっては製品にバンドルしているJavaが影響を受ける可能性がございます。 そのため、カーネルのバージョンによってはカーネル更新等の対策が必要となります。

Windows環境の場合、うるう秒挿入の影響を受けることはございません。

製品Windows版Linux版
ManageEngine ServiceDesk Plus影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
ManageEngine OpManager影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
ManageEngine NetFlow Analyzer影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
ManageEngine ADManager Plus影響なし非対応OS
ManageEngine ADSelfService Plus影響なし非対応OS
ManageEngine ADAudit Plus影響なし非対応OS
ManageEngine Password Manager Pro影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
ManageEngine Network Configuration Manager影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
ManageEngine EventLog Analyzer影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
ManageEngine Firewall Analyzer影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
ManageEngine Applications Manager影響なしカーネルのバージョンによっては影響あり
 

Red Hat Enterprise Linuxにつきましては次のURLのように公表されております。

https://access.redhat.com/articles/15145
https://rhn.redhat.com/errata/RHEA-2015-0141.html

※詳細は各ベンダーにお問い合わせください。

以上

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。