ManageEngine - Enterprise IT Managementゾーホージャパン株式会社

FISC安全対策基準の最新版準拠に向けた
 次世代の特権ID管理とは?

~ManageEngineで実現するFISC準拠~

2021年8月6日(金)11:00~11:40(質疑応答10分)

大手金融機関のクラウド利用やフィンテックの台頭が起点となり、現行の金融情報システムに対する管理体制の見直しが進むようになりました。

このような、金融界のシステム管理における変遷をとらえ、FISC(公益財団法人金融情報システムセンター)は2018年より、同組織が刊行する「FISC安全対策基準」第9版(以下、安全対策基準)の改訂を続けてきました。

今回の改訂の注目ポイントとしては、金融機関によって安全対策基準の各項目を適用するかしないかをシステム毎に決定できる、という点にあります。これは、従来のチェックリスト方式ではなく、各システム毎にリスクをあらかじめ算出し、重要度の高い対象システムへ基準項目を優先的に適用する形なので、「リスクベースアプローチ」と呼ばれます。

このリスクベースアプローチにて、重要度的に高い水準を締めている「特権ID・アクセス」の管理、及び安全対策基準への準拠をどの様に行えばいいのか。

本セミナーでは、このような改訂ポイントを踏まえながら、特権ID回りの安全対策基準準拠に向けた管理体制とそのプロセスついて解説します。

そして、ManageEngineが実際に対応できる安全対策基準の要件項目と共にご紹介いたします。

こんな方にオススメ

  • FISC安全対策基準への準拠に向けた対応を担当されている金融組織等にご所属のセキュリティ関係者様、若しくは内部監査に関わるご担当者様
  • FISC安全対策基準への準拠に向けた対応を担当されているセキュリティコンサルティング系の関係者様
  • FISC対応に向けたシステム構築に携わっておられるSIer様、SE様
 

プログラム

  •  第一部

    FISC安全対策基準(最新版)の改訂ポイント
    リスクベースアプローチと特権ID管理の位置づけ

  •  第二部

    ManageEngineソリューションで実現するFISC準拠

  •  

    質疑応答

ウェビナーのお申し込み

ゾーホージャパンの個人情報保護方針に同意します。

また、日本に所在する企業/組織に所属しています。

※ご登録頂いた内容には、製品/サービス、イベントの最新情報をお届けするメールを送付致します。ご視聴頂けない場合は、お手数ですが次のメールアドレスにご連絡ください。
jp-memarketing@zohocorp.com

講師紹介

日笠 健太 ゾーホージャパン株式会社 マーケティング事業部

サイバーセキュリティの世界に魅せられゾーホージャパン株式会社に入社。
インサイドセールス担当としてマンツーマンでお客様の課題に寄り添い、IT運用改善を支援。
現在はSIEMツールからID管理ソリューションのコンテンツマーケティング業務に従事。趣味は登山。
丁寧で誰にでも分かりやすいウェビナーを提供します。

ウェビナー概要

セミナー名『FISC安全対策基準の最新版準拠に向けた次世代の特権ID管理とは?
~ManageEngineで実現するFISC準拠~』
主催ゾーホージャパン株式会社
提供方法オンライン配信
参加費無料
必読事項ゾーホージャパンのプライバシーポリシーに同意の上、お申し込みください。
ゾーホージャパン株式会社 個人情報保護方針
配信日2021年8月6日(金)
配信時間11:00~11:40