リアルタイムアラートとメール通知

Active Directory監査レポートツール

対応の遅れにより、直ちに対応していれば大事に至らなかったような事象が、修復不可能な被害へと変化する場合があります。また、このような対応の遅れが甚大な被害に結びつく可能性のあるActive Directory環境では、いかに早く対応できるかという点が特に重要視されます。そこで、Active Directoryに存在する脅威を瞬時に識別し、管理者に注意を促すためのアラートシステムが求められます。

ADAudit Plusのリアルタイムのアラート機能は、上記問題へのソリューションを提供します。アラート機能を使用することで、意図しない出来事を瞬時に検知をすることができ、Active Directoryのセキュリティが損なわれないように対策をとることができます。

重要度に基づくリアルタイムアラートの設定

ADAudit Plusは3つの重要度に基づきアラートを設定することができ、さらにユーザーやしきいをベースとしてアラートを構成することが可能です。これにより、Active Directoryで発生したイベントをさらに分類し、重要なイベントか否かの判断が容易となります。

重要度は以下の3つに分類されます:

  • 重要
  • 障害
  • 注意

Active Directoryのカスタムアラート機能

ADAudit Plusは、既存のレポートプロファイルを元に自由にアラートをカスタマイズすることができます。アラートには、誰が/何を/いつ/どこで行ったのかといった、詳細な情報が含まれます。

メールによるリアルタイム通知

ADAudit Plusでは、選択したイベントに対して、1人または複数の管理者に対してメール通知を行うように構成することができます。

また、必ずしもメールによる通知をおこなうよう設定を行う必要はなく、Webコンソール画面から直接確認する方法を選択することも可能です。ユーザーはWebブラウザ上からすべてのアラートを表示したり、選択したActive Directoryの変更に関するアラート通知を有効/無効にすることができます。そして、生成されたアラートは重要度別に自動で分類され、必要に応じて削除することができます。