Windowsファイルサーバーの監査

Active Directory監査レポートツール

ADAudit Plus で Windowsファイルサーバーを監査

AD Audit Plus ではオプション機能として、Windowsファイルサーバーの監査の機能があります。
ファイルサーバー監視機能を利用することによって、サーバー内のフォルダー/ファイルに対するアクセス/作成/削除/権限の変更 等をツール画面上のレポートにて、わかりやすく可視化することが可能です。

<ファイル読み取り失敗レポート>:ユーザーのファイルへのアクセス失敗を監視

 

以下、AD Audit Plusで監査に対応しているファイルサーバーの種類となります。

 

 
ファイルサーバー

監査アクセス、共有、アクセス許可などのファイルやフォルダに変更(ファイルの作成/変更/削除)がないかファイルサーバーを追跡します。

 
フェイルオーバー クラスタ

ファイル、サーバー、およびユーザーベースの変更に基づいて独自の監査レポートを参照して、Windowsファイルサーバーフェールオーバークラスタを監査します。

 
NetApp Filer

作成、変更および削除されたファイルや、権限の変更に関する変更監査レポートにより、NetApp Filer CIFS共有を監査します。

 
EMCサーバー

EMCファイル共有やファイルとフォルダの変更を監査し、アクセス、共有およびアクセス許可も監査します。

 
コンプライアンス

200以上の定義済みレポートにより、SOX、HIPAA、GLBA、PCI-DSS、FISMAのコンプライアンス要件を満たすことが可能です。

 
ファイルサーバー監査

ファイルサーバー、フェールオーバークラスタ、NetAppファイラー、EMCサーバーなど、監査カテゴリごとに監査レポートを表示します。