Desktop Central を利用することで

GDPRへの準拠を容易にします

企業のデータとユーザーポリシーを制御

一般個人情報保護規制(GDPR)法はEUを含む欧州経済領域(EEA)域内、または、EEA域内の個人情報を取り扱う全ての企業が従わなければならない個人情報およびプライバシーを保護する法規制です。サイバー攻撃が近年増大する中、市民の個人情報の安全性を確保するために制定されたGDPRは、2018年5月25日に施行されました。

※欧州経済領域 (EEA):EFTA加盟国であるアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーとEU加盟28か国を指す

GDPRに準拠する必要はありますか?

  • 本社や支社など、EEAに拠点はありますか?

  • ビジネスにおいてEEA所在者の個人情報を取り扱いますか?

上記の質問のいずれかに当てはまる場合、GDPRに従う義務があります。

GDPR準拠とは?

2018年5月25日以降、EEA内もしくはEEAに関与してビジネスを継続する企業は、GDPRの6原則に従う必要があります。これらの原則は、会社のデータベースに保存される個人情報に関して、完全な制御を行うことを意味します。

GDPRの6原則

上記の6原則以外に、企業は個人の権利をEEA所在者に付与しなければなりません。

企業はGDPR準拠に向けた取り組みを進めていますが、複雑で多くの要件が課されるため容易ではありません。ManageEngineのクライアント管理ソフトDesktop Centralではユーザーの個人情報のセキュリティを担保し、GDPR準拠に寄与します。サーバー、デスクトップ、ラップトップ、スマートフォン、さらにタブレットも一元管理し、長期的にGDPRに準拠できるようになります。

コンピューター間でのデータ保護

Desktop Centralにはデスクトップ管理機能が揃っており、GDPRに準拠しやすくなります。

Desktop Centralの パッチ管理機能 はサーバー、デスクトップ、ラップトップの脆弱性を早期にアップデートしデータ侵害を防止します。脆弱性を悪用する脅威への対策だけでなく、不正ソフトウェアの利用を防止、USBの制御、特権ユーザーの不正利用など、内部の脅威もDesktop Centralのエンドポイント管理機能で対策することができます。

モバイルデバイスのデータセキュリティ確保

Desktop Centralのモバイルデバイス管理機能がモバイルデバイスのデータセキュリティを確保し、 持続的なGDPR準拠を実現します。

従業員がモバイルであらゆる場所で業務を行うということは、会社のデータも移動することになります。Desktop Centralのモバイルデバイス管理(MDM)機能なら、個人リソースと企業リソースを別々に管理し、デバイスを紛失してもその居場所を見つけ、デバイス盗難などの場合には会社のデータを削除できます。それらにより、イントラネットから離れている場合でも、従業員のモバイルデータを保護することが可能です。

GDPRへ準拠するには、デバイスの保護以外でも対応が必要です

上記の機能のほか、Desktop Centralでは フェールオーバーサーバー機能(※)によりサーバーの常時稼働率を高めることで生産性損失を軽減することもできます。Desktop Centralサーバーをインターネットに公開させたくない場合、 DMZ上にフォワーディングサーバー(※)を配置することでDesktop Centralサーバーを脅威から守ります。

GDPRの基本的準拠から始めることも大切ですが、長期的に準拠し続けることが本当の課題です。   Desktop Centralは、GDPRへの継続的な準拠を容易にします。

※当該製品および機能においては英語圏においてサービスを提供しており、弊社日本法人にてサービスを提供しておりません。

EU(欧州連合)の新しい一般個人情報保護規制(GDPR)は2018年5月25日に施行しました。GDPRはEUを含むEEA域内で活動、また、EEA所在者の個人情報を取り扱う組織によって収集される個人情報とプライバシーの保護の強化を目指す法規制です。

しかし、GDPRに一時的に準拠することは第一歩を踏み出しただけに留まり、5月25日以降の継続的な準拠が真の課題です。サイバー攻撃が日々進化し、顧客の個人情報の安全確保が必須となった現在、GDPRは準拠違反に対して多額の制裁金を科します。

そこで、ManageEngineはGDPR準拠に関するeブックを作成し、GDPR施行により生じた個人の新たな権利や重要な用語、原則について概要を提供しています。

GDPR準拠の実現とその維持方法については、無料のeブックをダウンロードしてください。

  • ● GDPRの原則と権利について
  • ● 顧客の個人情報を安全に維持し、ネットワークを攻撃から保護する方法
  • ● エンドポイント管理の成功例を応用してGDPR準拠を実現し維持する方法

無料e-bookダウンロード

GDPR準拠に役立つ機能の詳しい説明をご覧になれます。

免責条項:GDPRに完全に準拠するには多種多様なソリューション、プロセス、人材、技術を要します。上述の通り、エンドポイントセキュリティと管理がGDPR準拠のための基盤になります。他の適切なソリューション、プロセス、人材と合わせて、エンドポイント管理ならITセキュリティを強化するだけではなく、情報侵害も防止するために有用です。この資料は参考情報をご提供するためであり、GDPR準拠のための法的助言ではありません。ManageEngineはこの資料の記載情報に関して明示的、黙示的、または法的な保証は一切致しません。

※ 本ページに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。Rマーク、TMマークは省略しています。