ソフトウェアインベントリ

ソフトウェアインベントリ

Desktop Centralは、ネットワーク上のコンピューターをスキャンし、スキャンによって検出された ハードウェアとソフトウェア情報を収集します。収集した情報は、コンピューター/ユーザーなどを含めたレポート形式で表示できます。またソフトウェア測定とライセンス管理機能を利用することで、包括的なソフトウェアインベントリ管理を実現し、インベントリ監査に備えることができます。

Desktop Centralのインベントリ管理機能は、次の機能をサポートしています。

ソフトウェア測定

ソフトウェア測定(ソフトウェア使用状況の測定)は、ITコストの削減を目指す企業にとって重要な機能です。ソフトウェア測定ルールを定義すると、ネットワーク上のコンピューターで使用されているソフトウェアの使用情報を収集できます。ソフトウェア測定ルールを有効化すると、特定ソフトウェアがインストールされたコンピューター数、ソフトウェアの使用時間や使用数を表示できます。ソフトウェアの使用状況を管理することは、実際必要とされるライセンス数がわかり、商用ソフトウェアのコスト削減に有用です。

ソフトウェアの利用状況を測定
【ソフトウェア測定設定画面】

ライセンス管理

使用中の商用ソフトウェアのライセンス情報は、簡単に登録できます。ライセンスを登録した後、インベントリスキャンを実施することで、該当ソフトウェアのインストール状況を正確に把握し、ソフトウェアコンプライアンスの情報レポートを生成できます。また、ライセンスの期限が近くなると、管理者にアラート通知を設定できます。

禁止ソフトウェア

Desktop Centralでは、企業で禁止するソフトウェアを指定できます。禁止ソフトウェアを一定期間後に自動アンインストールポリシーを設定できます。例外設定も可能です。さらに、外部ドライブからのインストールを防止するため、実行ファイルのブロックも可能です。

アラート通知

ネットワーク上にソフトウェアをインストール/アンインストールした際、管理者にEメール通知を行う設定をできます。また、商用ソフトウェアや禁止ソフトウェアに限定したアラート通知の設定や、ライセンスのコンプライアンス違反(ライセンスの過不足)が発生した際、ライセンス指定した数値以上になった場合などにアラート通知をします。

インストール/アンインストールのアラート通知
【アラート一覧画面】

ファイルスキャン

スキャンのルールとスケジュールを設定すると、ネットワーク内に保存されたファイルの種類を確認できます。また、ファイルスキャンのルールを設定すると、ファイル毎に使用している容量を把握できます。

ソフトウェアレポート

Desktop Centralでは、次のようなソフトウェアインベントリレポートが作成できます。

  • メーカー毎のソフトウェア一覧レポート
  • 最近インストールしたソフトウェア一覧レポート
  • 禁止ソフトウェア一覧レポート
  • コンピューター毎のソフトウェア使用レポート
  • 特定ソフトウェアをインストールした/していないPC一覧レポート

必要に応じて、カスタムレポートも作成できます。

セキュリティ証明書管理

管理画面でサードパーティのSSL証明書のアップロード、配布、管理が可能です。