ライセンス管理

クライアント管理ソフト

コンプライアンス違反の回避

ソフトウェアコンプライアンスルールをより厳密化すると、ライセンスのないソフトウェアを組織から排除することが重要になってきます。ソフトウェア監査でライセンスのないソフトウェアが発見された場合、組織は多額の罰金を支払わなければならないだけでなく、企業の信頼が下がる可能性もあります。Desktop Centralのライセンス管理では、企業におけるライセンスの問題を防止に役立ちます。

ライセンス管理の主なメリット

  • 企業で使用されている商用/非商用ソフトウェアのリストの保持
  • ライセンスの過不足の特定
  • ソフトウェア監査時のライセンスのコンプライアンス違反の回避
  • 未使用ソフトウェアのライセンスを特定することによるコスト削減
コンプライアンスを守るためのライセンス管理

ライセンスコンプライアンスを遵守

企業で使用されている商用ソフトウェアのライセンスに関する情報を記録することができます。アプリケーションの名前、メーカー、ベンダー、ライセンス数、購入日、ライセンス有効期限などの詳細情報を入力することができます。クライアント端末にあるDesktop Centralのエージェントは、様々なソフトウェアの詳細をスキャンします。この情報はDesktop Centralのサーバーに送信され、過去に記録された情報と照らし合わせて検証します。またインベントリスキャンのスケジュール設定を行うことで、組織におけるライセンスのコンプライアンスレベルの特定も可能です。スケジュール設定は、毎日/毎週/毎月実行するように設定できます。

ライセンスレポート

レポートにより、ライセンス管理の簡略化に役立ちます。

  • ライセンスコンプライアンスレポート:コンプライアンスを遵守しているソフトウェアや、ライセンスの過不足に関する詳細なレポート
  • 更新するライセンスのレポート:直近でライセンスを更新する必要のあるソフトウェアのリストを提供

ソフトウェア測定と使用統計に基づいて、ライセンスを更新するかどうか決定することができます。

ライセンスコンプライアンスのアラート

以下のイベントが発生した際、メールアラートを設定して、管理者に通知できます。

  • ライセンスのコンプライアンス違反(ライセンスの過不足)が起きた場合
  • ライセンスの利用数が指定した数値以上になった場合
  • ライセンス期限切れ後にソフトウェアの利用があった場合
 

クラウド版なら

気軽に操作感をチェックできます