ネットワーク機器コンフィグレーションとポリシーの管理機能、機器管理とディスカバリ機能

ネットワーク機器コンフィグ管理

Network Configration Managerでは、監視対象の機器を自動的に識別する機能や監視機器のコンフィグが変更されたさいのログバックアップ等、ネットワーク監視の際に発生する細かな作業を自動化する機能が備わっております。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

デモサイトはこちら

変更検知による自動バックアップ機能

スイッチやルーターなどのネットワーク機器のコンフィグに変更があった場合、変更を検知し即座にネットワーク機器のコンフィグ(Running/Startup)を自動バックアップします。 これにより常に最新のコンフィグを保管しておくことが可能になります。 取得したコンフィグレーションはNetwork Configuration Managerのデータベースに保管されます。 なお、保管したコンフィグをテキストファイルにエクスポートすることも可能です。

スケジュールバックアップ機能

コンフィグの変更を検知した場合、即座にコンフィグのバックアップを行うことが可能ですが、その場合syslogの設定が必要となります。 syslogの設定を行えない機器や既に設定済みで変更が行えない機器などはスケジュールタスクによりコンフィグのバックアップを実施可能です。 スケジュールの間隔は「毎時」・「毎日」・「毎週」・「毎月」・「1回」より選択でき、指定した時刻にコンフィグのバックアップを定期的に取得します。 この場合も直前の内容から変更があった場合には、世代として保存します。

Network Configuration Manager スケジュールバックアップ機能スケジュール設定画面

ディスカバリー機能

SNMPを用いて、ネットワーク内のスイッチ、ルーターといった各機器をNetwork Configuration Managerに一括登録することが可能です。 ディスカバリーによる検知後、ベンダー/機器モデルにあった装置テンプレートを自動的に割り当て、登録します。

Network Configuration Manager デバイス登録 ディスカバリー画面

コンフィグ変更

Network Configuration Managerを介してスイッチ・ルーター・ファイアウォールといったネットワーク機器のコンフィグ変更を行うことができます。 通常、スイッチやルーターのコンソールやSSH/TELNET接続で設定変更を行いますが、Network Configuration Managerを介して設定変更を行うことにより、「いつ」「だれが」「どの機器に対して」「どのような設定を行ったか」の操作履歴を管理できます。

なお、コンフィグの変更方法は以下の2つがあります。

  • ターミナル機能:
    対象機器に、SSH/Telnetで接続し、ターミナル画面で直接変更を行なう
     
  • コンフィグレット機能:
    事前に投入するコマンドを登録しておき、複数製品に対して一括でコンフィグを反映。こちらの機能では、スケジュールを設定することができ、投入したいタイミングで自動的にコンフィグ変更が実施可能です。
Network Configuration Manager デバイス登録ターミナル画面
 
Network Configuration Manager デバイス登録 コンフィグレット作成画面

ロールバック機能

機器のコンフィグをロールバックすることが可能です。 設定が変更されてはならない機器に対してバックアップを取得し、以前の内容から変更があったことを検知した場合、「以前の世代」もしくは「ベースライン」が選択可能です。

Network Configuration Manager 変更管理変更検出時のアクション設定画面