仮想テナントでOffice 365権限委任を容易に実現

仮想テナントとは?

O365 Manager Plusの仮想テナントのコンセプトとは、ドメイン、グループメンバーシップ、作業場所、および、管理要件における他のユーザー属性に基づく、ユーザー区分です。管理者は、特定の部門、チーム、プロジェクト、およびあらゆるユーザーグループに対応した仮想テナントを作成し、それらの管理作業を技術者に委任できます。

考慮すべき重要ポイント

始める前に注意すべきこととして、一旦有効化された場合、仮想テナント委任は無効化できず、技術者にドメインを委任できなくなります。その場合、管理者はドメインを加えた新しい仮想テナントを作成し、ドメインを直接委任する代わりにそれらの仮想テナントを委任する必要があります。

仮想テナントの作成手順

  • 設定タブをクリック

  • 構成>他の構成 >仮想テナントと移動

  • 仮想テナントを作成をクリック

  • 作成する仮想テナントの名前を伝えて、その対象となるOffice 365テナントを選択

  • セクションによるフィルターリングでは、ユーザーのフィルターリングに関して、下の条件を設定します。複数条件を設定するには「+」のオプションを使用

    メモ:ドメインを備えた仮想テナントを作成するには以下を利用してください。

  • 3番目の入力の「+」をクリックしてドメインを追加
  • 保存をクリック

仮想テナントを技術者に委任する手順

  • 委任タブに移動

  • ヘルプデスク委任>ヘルプデスク技術者を左ペインで選択

  • 編集したい技術者に対応す るアクションコラムで 技術者を編集を選択

  • 委任セクションで、委任対象の仮想テナントをドロップダウンメニューから選択

  • 変更を保存をクリック