ガートナーのマジック・クアドラント特権アクセス管理部門に

ManageEngineも掲載されました!

 

ガートナーが公開した2018年のマジック・クアドラントにManageEngineも掲載されました!

特権アクセス管理(PAM: Privileged Access Management)は、多くのITセキュリティ施策の中でも非常に重要な位置づけにあります。

しかし、未だに多くの企業が「予算不足」「認識不足」「ツールの機能不足」といった理由で十分な対策を実施できていないことも事実です。

これに対して、ガートナーは特権アクセス管理が「昨今の複雑なIT環境においては、最もクリティカルなセキュリティ統制のひとつだ」と述べて警鐘を鳴らしています。

ManageEngineでは、簡単かつ低コストで運用できる特権ID管理ツール「Password Manager Pro」を提供しており、ガートナーが公開するマジック・クアドラントにも掲載されました。

ManageEngineは、このガートナーのマジック・クアドラント2018(特権アクセス管理部門)のレポート(「Gartner's 2018 Magic Quadrant for Privileged Access Management」:英文)を配布しています。

下記のようなニーズをお持ちの方や、特権ID管理ツールの選定に当レポートを役立てたい方は、右側のボタンをクリックしてダウンロードフォームへお進みください。

  • 戦略やプランニングに活用したい
  • 課題やソリューションについて理解したい
  • 活用例について検討したい
  • 各ベンダー/ツールの概要を把握したい

ガートナー/マジック・クアドラントとは

ガートナー社は、米国を拠点に活動する業界最大のICTアドバイザリー企業です。マジック・クアドラントでは、ガートナー社が特定のテクノロジー市場におけるベンダーを、中立的な立場で「リーダー」「ビジョナリー」「ニッチ」「チャレンジャー」という4つのカテゴリーに分類し、4象限の図表でそれぞれの位置づけを公開しています。

ガートナー社の免責事項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。