ニュース

ニュース

プレスリリース

ゾーホージャパン、「ManageEngine OpManager」最新版9.4をリリース

NetApp、Windows 8、Windows Server 2012対応の
サーバー・ネットワーク監視ツールを発売

2012年12月18日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、サーバー・ネットワーク統合監視ツール「ManageEngine OpManager (マネージエンジン オーピーマネージャー、以下、OpManager)」にNetAppストレージシステムやWindows Server 2012、Windows 8に対応した監視機能を追加し、本日、最新版「リリース9.4」 の出荷を開始しました。

主な新機能および改良点

“NetAppストレージの容量不足は、もう、起きない。”

最新版リリース9.4では、NetApp ストレージシステムやWindows Server 2012、Windows 8に対応した装置テンプレートとスナップショットの追加や、装置のメモ情報をCSVファイルから一括インポートする機能の追加、さらにActive Directory認証に対応するなど、サーバーやネットワーク管理者の運用工数を効率化する機能を追加、または強化しています。

新たに追加したネットアップ社のNetApp ストレージシステムに対応した装置テンプレートは、NetAppストレージのパフォーマンス監視の運用を容易にする機能です。スナップショット画面を提供し、一目でステータスを把握できる機能を追加しています。さらに、今年9月に発売されたばかりのMicrosoft Windows Sever 2012、クライアントOSのWindows8に対応した装置テンプレートも追加しています。本リリースから、Active Directory 認証機能を追加しています。Active Directoryのユーザー情報をインポートして管理者を登録できるため運用工数を削減でき、OpManagerにログインするネットワーク管理者にとっても、管理するパスワードが減り、負担が少なくなります。その他にも、IT運用管理の設定の手間を減らし、ネットワーク管理者が監視に専念できるよう、多くの機能を強化しています。

  • NetApp ストレージシステム対応の装置テンプレートとスナップショットを追加
    新たに、NetApp ストレージシステムを監視するための装置テンプレート、および、スナップショットを利用できます。NetApp ストレージ用の装置テンプレートは、50を超えるNetApp ストレージシステムの情報を収集し、ディスク、ファイル、ハードウェア、LUN、パフォーマンスなどを監視します。
    NetApp ストレージシステムのスナップショット画面NetApp ストレージシステムのスナップショット画面
  • Windows Server 2012、Windows 8監視に対応
    Microsoft社の最新OSに対応しています。サーバーOSのWindows Server 2012、クライアントのOS Windows 8の装置テンプレートを利用できます。また、エンタープライズ向けデータベース MS SQL 2012の監視にも対応しています。
    Windows Server 2012、Windows 8監視に対応
  • Active Directory ユーザー認証
    Active Directoryのユーザーや、Active Directory ドメインの特定のグループのユーザーに、OpManagerにアクセスする権限を与えられます。既にOpManagerに登録済みの管理者がActive Directory認証でログインするよう設定することも可能です。管理者設定にかかる手間を省くだけでなく、パスワード管理を一元化し、ネットワーク管理者の作業効率を向上します。
    Active Directory ユーザー認証Active Directory ユーザー認証
  • CSVファイルで装置のメモ情報をインポート
    監視対象の機器に付与するメモの情報を、CSVファイルで一括インポートする機能を追加しています。IT資産の情報を容易に管理できます。
    フィールドの追加画面フィールドの追加画面

製品および機能概要

 OpManagerは、仮想サーバー、物理サーバー、ネットワーク機器、Syslog、イベントログの統合的な監視の運用を実現する、コストパフォーマンスの高いサーバー・ネットワーク監視パッケージソフトウェアです。カスタマイズ性の高いマップ機能とレポート機能は、複雑なサーバー・ネットワーク環境やインタフェースの構成と状態を可視化し、障害/性能管理機能は運用管理業務の負荷の軽減に役立ちます。サーバー・ネットワーク監視業務に不可欠な機能を網羅した本製品は、日欧米をはじめ、全世界9,000社を超える企業に利用されています。

 OpManager の主な機能は、仮想サーバー監視、物理サーバー監視、ネットワーク監視、サービス監視、プロセス監視、URL監視、障害管理、性能監視、Syslog監視、イベントログ監視、アラート通知とレポート機能などです。

ライセンスと価格

 50~1000の監視対象(デバイス)数に基づくライセンス体系です。オプションライセンスによる機能の追加も可能です。

※リリース9.0より、標準で仮想化環境の監視に対応しています。

ライセンス監視対象数年間ライセンス料金
(消費税別、
年間保守サポート付)
通常ライセンス料金
(消費税別、
初年度保守サポート付)
Essential Edition(50デバイス~)50装置~¥170,000~¥408,000~
Enterprise Edition(1,000デバイス~)1,000装置~お問い合わせくださいお問い合わせください

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。