ニュース

ニュース

プレスリリース

「ManageEngine OpManager」最新版11.2をリリース

ゾーホー、トポロジーマップ機能を強化し
サーバー・ネットワーク統合監視ソフト最新版をリリース

2014年4月2日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、サーバー・ネットワーク統合監視ツール「ManageEngine OpManager(マネージエンジン オーピーマネージャー、以下、OpManager)」の最新版「リリース11.2」の出荷を、本日、開始します。

本リリースでは、ネットワーク内のリソースの物理的、また論理的な配置をグラフィカルに表現するトポロジーマップ機能を強化しています。今回の機能強化により、マルチベンダーのネットワーク機器に加え、サーバーやデスクトップなどのトポロジーマップの描画にも対応しています。強化された新しいトポロジーマップ機能で、ネットワーク図の作成やネットワークの見える化を支援します。また、新しいユーザーインタフェースのベータ版もリリースしています。

主な新機能および改良点

  • L2/L3トポロジーマップ機能を強化
    トポロジーマップは、ネットワーク内のリソースの物理的、また論理的な配置をグラフィカルに可視化する機能です。本リリースでは、CDP(Cisco Discovery Protocol)非対応のネットワーク機器にも対応しています。障害時には影響範囲にあるノードやリンクを特定できます。多くのお客様から対応機器の拡張要望があったことを受け、RFC1213-MIBやBRIDGE-MIB対応のマルチベンダーのネットワーク機器に加え、サーバーやデスクトップなどのSNMPエージェントを搭載した機器のトポロジーマップの描画も可能です。
トポロジーマップ(図1)トポロジーマップ
  • 新Webクライアント(ベータ版)を公開
    ユーザーインタフェースを刷新した新Webクライアントのベータ版を試用できます。仮想化、クラウドなど、複雑さと規模を増すICT環境の監視に耐えうるべく、読み込み速度を向上させています(※図2参照)。 新しいインタフェース上では、障害のポップアップ表示などで迅速な障害対応を促します(※図3参照)。その他、1つの画面上に全ての機器の死活情報を表示するヒートマップ機能(※図4参照)、監視対象の仮想化環境のホストとゲストOSの関係性をリンクで表す仮想化マップ(※図5参照)も利用できます
新しいユーザーインタフェース(図2)新しいユーザーインタフェース
ライブポップアップ通知 リアルタイムに障害発生を認知(図3)ライブポップアップ通知 リアルタイムに障害発生を認知
ヒートマップ 1つの画面で全ての機器の情報を把握(図4)ヒートマップ 1つの画面で全ての機器の情報を把握
仮想化マップ ホストとゲストOSの関係性を可視化(図5)仮想化マップ ホストとゲストOSの関係性を可視化

製品および機能概要

OpManagerは、仮想サーバー、物理サーバー、ネットワーク機器、Syslog、イベントログの統合的な監視の運用を実現する、コストパフォーマンスの高いサーバー・ネットワーク監視パッケージソフトウェアです。カスタマイズ性の高いマップ機能とレポート機能は、複雑なサーバー・ネットワーク環境やインタフェースの構成と状態を可視化し、障害/性能管理機能は運用管理業務の負荷の軽減に役立ちます。サーバー・ネットワーク監視業務に不可欠な機能を網羅した本製品は、日欧米をはじめ、全世界9,000社を超える企業に利用されています。

OpManager の主な機能は、仮想サーバー監視、物理サーバー監視、ネットワーク監視、サービス監視、プロセス監視、URL監視、障害管理、性能監視、Syslog監視、イベントログ監視、アラート通知、レポート機能などです。

ライセンスと価格

監視対象(デバイス)数に基づくライセンス体系です。オプションライセンスによる機能の追加も可能です。

ライセンス監視対象数年間ライセンス料金
(消費税別、
年間保守サポート付)
通常ライセンス料金
(消費税別、
初年度保守サポート付)
Essential Edition(50デバイス~)50装置~¥170,000~¥408,000~
Enterprise Edition(1,000デバイス~)1,000装置~お問い合わせくださいお問い合わせください

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。