ニュース

ニュース

プレスリリース

変更承認ワークフローを強化したITILサービスデスク管理ツール
「ManageEngine ServiceDesk Plus 9.0」を6月1日リリース

2014年5月8日

 ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、ITILサービスデスク管理ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus(マネージエンジン サービスデスクプラス、以下、ServiceDesk Plus)」の最新版9.0の出荷を、2014年6月1日より開始します。

本リリースでは、変更管理プロセスのワークフロー機能を強化し、ITサービスの変更要求申請(以下、RFC)からレビュー、クローズまでの変更に関する活動を6つのステージに分けて管理できるようになりました。さらに、今回の機能強化では、変更タイプや組織独自の変更の分類・承認ルール・通知ルールにあわせて変更ワークフローをカスタマイズする機能を実装し、あらゆる変更プロセスの可視化・標準化を支援します。また、CMDB(構成管理データベース)およびソフトウェア資産管理の機能も強化しています。

RFC情報に表示されたワークフロー図図1:RFC情報に表示されたワークフロー図

主な新機能および改良点

  • 変更ワークフロー機能を強化
    変更管理機能は、ITサービスの変更に伴うリスクを最適化するために、プロセスを可視化し、標準化する機能を提供します。本リリースで強化された変更ワークフロー機能は、変更プロセスを定型化し、自動化することにより、変更を起因とするビジネスへの影響を最小限にとどめます。ワークフロー内で変更プロセスに含まれる活動(変更の要求/計画/承認/実装/レビュー)ごとに進捗ステータスを確認できるようになり、各ステージの管理者によって評価されていない変更の実装を防止します。変更の進捗状況を詳細にモニターリングするだけでなく、作業ステータスが変更されると関係者へ自動通知メールを送付し、速やかな変更の実施を支援します。
  • 変更要求(RFC)テンプレート作成機能を追加
    今回のリリースでは、多くのお客様からご要望のあったRFCテンプレートの作成機能を実装しました。繰り返し発生する変更要求や、変更タイプごとのRFCをあらかじめ定義しておくことで、変更作業の自動化と効率化を促進します。
変更要求(RFC)テンプレート作成画面図2:変更要求(RFC)テンプレート作成画面
  • CMDB API機能の追加
    API機能の追加により、外部のアプリケーションからでもCMDBに構成アイテム(以下、CI)情報を追加/更新/取得/削除/他のCIとの関係を設定できるようになりました。APIで追加したCIは、CMDBの関係性マップで確認できます。
  • ソフトウェア資産管理機能の強化
    ソフトウェアライセンスのアップグレードおよびダウングレードのトラッキングに対応しました。さらにパッケージソフトウェア(例 Microsoft社、Adobe社)を自動的に検出し、パッケージライセンスを適用する機能を追加しました。
図3:ソフトウェアライセンスのアップグレードおよびダウングレード画面

製品および機能概要

ServiceDesk Plusは、効果的なITサービスマネジメントに不可欠なインシデント管理/問題管理/変更管理を一元化するコストパフォーマンスの高いITILサービスデスク管理パッケージソフトウェアです。サービスデスク業務を自動化するワークフロー機能や、ITサービスの継続的な改善に役立つカスタマイズ性の高いレポート機能を備えています。本製品は、高品質なITサービスの提供によるビジネスの発展を支えるITIL準拠のサービスデスク管理ツールとして、日欧米をはじめ、全世界20,000社を超える企業に利用されています。主な機能は、インシデント管理、問題管理、変更管理、プロジェクト管理、CMDB、IT資産管理、購買管理、契約管理、ナレッジ管理、レポート作成機能などです。

ライセンスと価格

参考価格 151.2万円(オペレーター5名でサービスデスクを運用した場合、初年度保守サポート付) 上記価格は2014年6月以降に適用されるServiceDesk Plus Enterprise Editionの参考価格です。 オプションライセンスによってIT資産管理対象のノード数を追加できます。

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。