ニュース

ニュース

プレスリリース

AWS監視 と Webトランザクション監視 をサポート
サーバー・ネットワーク統合監視ツール「OpMangaer」

2015年8月27日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、サーバー・ネットワーク統合監視ツール「ManageEngine OpManager(マネージエンジン オーピーマネージャー、以下、OpManager)」のオプションであるAPMプラグインが実現する次の機能の正式サポートを本日開始します。APMプラグインは、アプリケーションのパフォーマンスを監視する機能です。

  • Amazon EC2/RDS*の稼働状況とパフォーマンスを監視する機能
  • Webサイト/アプリのユーザーのトランザクションを監視する機能

*Amazon社が提供するWebサービス。EC2はコンピューターリソースを提供、RDSはリレーショナルデータベースサービスを提供する。

アプリケーション監視機能ダッシュボード画面Amazonサービスの監視画面

上記機能のサポートを日本で提供することで、Amazon社のWebサービスを利用している、多くのOpManager国内ユーザーが、AWS上にあるインスタンスのパフォーマンスを短期間で容易に監視できます。社内のネットワークやアプリケーションに加えクラウドサービス環境の一元監視が可能となります。

APMプラグインとサポートを開始する機能

APMプラグインは、OpManagerサーバーに合わせてインストールすることで、OpManagerの統合コンソール上においてOracle DB、MS SQL、PostgreSQLやApache、IIS、Tomcatなど、アプリケーションのパフォーマンスを監視できる、OpManagerの追加ソフトウェアです。この度、APMプラグインに実装されている次の機能の正式サポートを開始します。

  • Amazon EC2監視 / Amazon RDS監視
    Amazon EC2 / RDS監視では自動的にインスタンス検知し、CPU使用率やネットワークトラフィックなど、継続的に重要なパフォーマンスを監視します。Amazon EC2監視の場合、インスタンスが利用するストレージのAmazon EBSも自動的に検知しパフォーマンスを監視します。各種レポートによるパフォーマンスの可視化やしきい値違反をトリガーとした通知設定の機能により、Amazon EC2 / RDSインスタンスのパフォーマンス情報をより詳細に把握、エンドユーザーに影響がおよぶ前にパフォーマンス障害などのトラブルシューティングを迅速に行うことができます。また、ITサービスの需要やサービスレベルの状況から、システムリソースの処理能力や数量などを見積もり、「必要な時に必要なだけ」の最適なシステム構成を計画することにも役立ちます。
  • Webトランザクション監視
    個々のURLの死活を監視するOpManagerのURL監視に加え、URL遷移監視ではWebアプリケーションやWebサイトなど複数ページ間に渡る画面遷移をレコードし、監視する機能を提供します。 例えば、商品販売サイトにログインして商品を選択し、決済画面を表示するといったような実際にユーザーが遷移するページを一括で監視できます。複数ページに渡る画面遷移を監視することで全体の応答時間に加え、ページ毎の応答時間の平均や履歴を把握することができ、トラブルの回避や原因調査に役立ちます。

APMプラグインのライセンスと価格

25・50・100のモニター数に基づくライセンス体系です。価格は全て税別です。

ライセンス年間ライセンス
(サポート付)
通常ライセンス
(初年度サポート付)
25モニター オプション\104,000~\249,000~

OpMangaerの製品概要

上記機能のサポートを日本で提供することで、Amazon社のWebサービスを利用している、多くのOpManager国内ユーザーが、AWS上にあるインスタンスのパフォーマンスを短期間で容易に監視できます。社内のネットワークやアプリケーションに加えクラウドサービス環境の一元監視が可能となります

OpManagerのライセンスと価格

50~50000の監視対象(デバイス)数に基づくライセンス体系です。価格は全て税別です。

ライセンス年間ライセンス
(サポート付)
通常ライセンス
(初年度サポート付)
Essential Edition 50デバイス~\234,000~\519,000~

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。