Active Directoryのアカウント管理・監査/パスワードセルフ管理を一元化 Azure ADにも対応

Active Directory統合運用管理ツール

Active Directoryのアカウントに対する一括更新、セキュリティログの収集・可視化、パスワード変更とアカウントロック解除のセルフサービス化など、多彩な機能を1つのコンソール画面で利用できるソフトウェアです。ファイルサーバーに対するアクセス権限管理機能も備えています。

製品概要資料ダウンロード

AD360とは?

統合型のIDおよびアクセス管理ソリューション (IAM=Identity and Access Management) であり、ユーザーIDの管理ならびにリソースへのアクセスを制御することで、セキュリティを確保し、コンプライアンスを順守することができます。ユーザーアカウントの管理、パスワード管理のセルフサービス化、Active Directoryの変更監査、企業アプリケーションのシングルサインオンなど、IAMに関するすべての作業をシンプルかつ簡単に実現可能なインターフェイスを提供します。

AD360は、Windows Active Directory/Exchange Servers/Office 365を一元的に管理可能な機能を提供します。必要なモジュールを選択してインストールすることで、オンプレミス、クラウド、さらにハイブリッド環境を一つのコンソールから管理することができます。

AD360の主要機能

  •  

    ユーザーのライフサイクル管理の効率化

    AD/Exchangeサーバー/Office 365/G Suiteに対して、ユーザーアカウントとメールボックスの管理を1つのコンソールから簡単に行うことができ、作成、修正、削除といった操作が可能です。カスタマイズ可能なユーザー作成テンプレートを使用して、CSVからデータをインポートし、ユーザーアカウントを一括で作成することも可能です。

  •  

    AD/Office 365/ファイルサーバーを安全に監査

    AD/Office 365/Windows サーバー/Exchange サーバーで発生したすべての変更情報を取得します。ユーザーのログオン活動、ADオブジェクトの変更などをリアルタイムで監査します。用意されている200以上の定義済みレポートにより、SOX/HIPAA/PCI DSS/GLBAなどのITコンプライアンス規定を順守することが可能です。

  •  

    企業アプリケーションに対するSSO

    企業アプリケーションに対するSSO機能を提供します。ユーザーは、ワンクリックでOffice 365/G Suit/Salesforceなどのアプリケーションにアクセスしたり、ユーザー名とパスワードを入力することなくSAMLベースのアプリケーションに対するシングルサインを実現することが可能です。

  •  

    パスワード管理のセルフサービス化

    AD360のセルフパスワード管理機能では、ユーザー自身がヘルプデスクのサポートを受けることなく、パスワードリセット/アカウントロック解除を行い、時間と費用を節約することができます。また、ADにおけるユーザー属性の更新やメールグループへの登録の等、他の一般的で重要なタスクもセルフサービスの対象とすることができます。

  •  

    承認ワークフローの自動化

    ユーザーのアカウント管理やADの棚卸しといった日常的な管理タスクを自動化することで、IT管理者とヘルプデスクの技術担当者の作業負担を軽減します。承認ワークフローのルールを設定することで、自動タスクを制御し、最適化されたプロセスで必要な結果を得ることができます。

  •  

    役割ベースのヘルプデスク委任

    ヘルプデスクの役割をカスタマイズして、ADとOffice 365に関する管理タスクを管理者以外のユーザーに委任します。ADとOffice 365の管理/レポート/監査/アラートなど各種タスクから必要なものを選択して、ヘルプデスクのスタッフ/HR/その他管理者以外のユーザーに割り当てることが可能です。

お客様の声

AD360導入企業:国立天文台様

導入事例一覧

AD360では、ITによる様々なビジネス上のニーズへの対応を劇的に改善することができます。オンプレミス/クラウド/ハイブリッド環境であっても、AD360を活用することによりIT環境をより安全に、簡単に管理することができます。

 

体験サイトで製品画面をご確認いただけます

体験サイトを開く