Active Directoryのアカウント管理・監査/パスワードセルフ管理を一元化 Azure ADにも対応

Active Directory統合運用管理ツール

Active Directoryのアカウント一括更新やセキュリティログの収集・可視化、パスワード変更とアカウントロック解除をエンドユーザーに実施させるセルフサービス機能を1つのコンソール画面で利用できるソフトウェアです。ファイルサーバーアクセス権限管理機能も備えています。

製品概要資料ダウンロード

AD360とは何か?

AD360は統合型のIDおよびアクセス管理(IAM)ソリューションであり、ユーザーのIDを管理し、リソースへのアクセスを制御し、セキュリティを確保し、コンプライアンスを順守することができます。AD360は、ユーザーのアカウント管理、セルフサービスでのパスワード管理、Active Directoryの変更監査、企業アプリケーション用のシングルサインオンなど、IAMに関するすべてのタスクを、シンプルで簡単に使用できるインターフェイスで実行します。

AD360はWindows Active Directory、Exchange Servers、Office 365用のすべての機能を提供します。AD360なら必要なモジュールを選んで起動し、オンプレミスやクラウドさらにハイブリッド環境を横断的に一つのコンソールからIAMなどの課題に対処できます。

AD360の主要機能

  •  

    ユーザーのライフサイクル管理の効率化

    AD、Exchangeサーバー、Office 365、G Suiteなどで複数のユーザーのアカウントとメールボックスを1つのコンソールから簡単に、プロビジョン、修正、デプロビジョンすることができます。カスタマイズ可能なユーザー作成テンプレートを使用して、CSVからデータをインポートしてユーザーアカウントを一括でプロビジョンします。

  •  

    AD、Office 365、ファイルサーバーを安全に監査

    AD、Office 365、Windows サーバー、Exchange サーバーで発生したすべての変更を取得します。ユーザーのログオンアクティビティ、ADオブジェクトの変更などをリアルタイムで監視します。設定済みのレポートを使用して、SOX、HIPAA、PCI DSS、GLBAなどのITコンプライアンス規定を順守します。

  •  

    企業アプリケーション用のSSO

    AD360は、ユーザーに安全なワンクリック方式のアクセスを企業アプリケーションに提供します。ユーザーは、ワンクリックでOffice 365、G Suite、Salesforceなどのアプリケーションにアクセスしたり、ユーザーネームとパスワードを入力することなくカスタムSAMLベースのアプリケーションを利用したりすることができます。

  •  

    セルフサービスでのパスワード管理

    AD360のセルフパスワード管理機能では、ユーザーがヘルプデスクのサポートを受けることなくパスワードリセット、アカウントロック解除を行い、時間と費用を節約することができます。また、ADにおけるユーザー属性の更新やメールグループへの登録の等、他の一般的で重要なタスクでもセルフサービスを有効化することができます。

  •  

    承認ワークフローの自動化

    ユーザーのアカウント管理やADのクリーンアップのような日常的な管理タスクを自動化して、IT管理者とヘルプデスクの技術担当者の作業負担を軽減します。承認ワークフローのルールを設定することで、自動タスクを制御し、自動的なプロセスで必要な結果を得ることができます。

  •  

    役割ベースのヘルプデスク委任

    カスタムヘルプデスクの役割を作成して、ADとOffice 365に関する管理タスクを管理者以外のユーザーに委任します。ADとOffice 365の管理、レポート、監査、アラートタスクを選択して、ヘルプデスクのスタッフ、HR、その他の管理者以外のユーザーに割り当てます。

AD360では、ITによる様々なビジネス上のニーズへの対応を劇的に改善することができます。オンプレミス型でも、クラウドベースでも、ハイブリッドでも、AD360を活用することで、IT環境をより安全に、簡単に管理できるものにすることができます。

体験サイトで製品画面をご確認いただけます

体験サイトを開く