AD360は、ユーザー管理や重要リソースに対するアクセス管理/変更監査/パスワードリセットのセルフサービス化など、多彩な機能を提供します。複数のコンポーネントで構成されており、その中から必要な機能のみをインストールすることが可能です。以下が、AD360が提供する機能の一覧です。

 

ADManager Plus:
Active Directory/Exchange Server/Office 365の管理とレポート

ADManager Plusと統合することで、Active Directory/Exchange Server/Office 365/G Suite/Skype for Businessの一元管理、レポート化を実現します。自動化、ワークフロー、委任といった機能により、システム管理者やヘルプデスク担当者の作業負荷を大幅に削減します。

  • ユーザーの一括管理
  • Active Directoryのリソース管理
  • AD作業を効率化するための多彩な機能
  • Active Directoryの状況をレポート化
  • Office 365との連携とレポート

  More

  • ユーザーの一括管理

    カスタムテンプレートの利用やCSVファイルのインポートにより、Active Directory/Office 365/Exchange Server/Skype for Busineess/G Suiteに対するユーザーを一括で作成します。

  • Active Directoryのリソース管理

    ユーザーやグループに対する変更、ファイルサーバーに対する共有/NTFS設定の管理が可能です。また、ユーザーの削除、無効化、パスワードリセット、アンロックといった操作を、複数の対象に対して一括で処理できます。

  • AD作業を効率化するための多彩な機能

    日常的に発生するタスク(棚卸し作業など)を自動化するための機能や、一部作業を別部署に移管するための委任機能を提供します。重要な操作については、ワークフロー機能により、申請・承認ステップを介してActive Directoryに反映させることが可能です。

  • Active Directoryの状況をレポート化

    Active Directory/Exchange Server/Office 365/G Suiteに対する現在の状況を可視化するためのレポートを提供します。

  • Office365との連携とレポート

    Office 365のとExchange Serverに共有メールボックスを1つのコンソールから作成可能です。また、利用状況を可視化するためのレポートを豊富に用意しています。

 

ADAudit Plus:
Active Directory/Azure ADに対するリアルタイム監査

ADAudit Plusと統合することで、Active DirectoryとAzure ADで発生した変更をリアルタイムで追跡することが可能です。オンプレミス、クラウドのいずれの監査にも対応しており、内部脅威の検知やロックアウトの原因調査に役立ちます。

  • 変更に対するリアルタイム追跡
  • Azure AD監査
  • トラブルシューティングの効率化
  • ユーザーの振る舞い検知
  • 特権アカウントに対する変更の監査
  • ユーザーに対する活動時間の可視化
  • コンプライアンスレポート

  More

  • 変更に対するリアルタイム追跡

    Active Directoryのリソース(ユーザー、コンピュータ、GPO、グループなど)に対する変更をリアルタイムで追跡し、重要な変更があった際には直ちにメールによる通知を受けることが可能です。

  • AzureAD監査

    Windows Active DirectoryとMicrosoft Azure ADの双方に対する変更を一元的に監査し、レポートとして提供することが可能です。

  • トラブルシューティングの効率化

    ユーザーのログオン活動を詳細にレポート化し、アカウントロックアウトが発生した際のトラブルシューティングを効率化します。

  • ユーザーの振る舞い検知

    ユーザーの平常時の動きを分析し、平常時とは異なる不審な動きがあった場合には自動的に検知してアラート通知します。

  • 特権アカウントに対する変更の監査

    特権グループやアカウントによるあらゆる変更を追跡し、意図しない操作が行われていないかを監査します。

  • ユーザーに対する活動時間の可視化

    ユーザー毎の活動時間、休止時間を一覧で表示します。

  • コンプライアンスレポート

    主要なコンプライアンスに対応するレポートをワンクリックで生成します。

 

ADSelfService Plus:
パスワード管理のセルフサービス化とパスワード同期、シングルサインオン機能

ヘルプデスクへの問い合わせの内、最大30%がパスワードリセットとアカウントロック解除に関連しています。ADSelfService Plusと統合することで、エンドユーザー自身によるパスワードリセット/アカウントロックアウトの解除が可能となり、ヘルプデスクのチケット削減につながります。また、Active Directoryで設定可能なパスワードポリシーと比べてより厳格なポリシーを設定することができ、さらに2段階認証にも対応しているため、ITセキュリティを強化させることが可能です。

  • パスワードリセット/アカウントロック解除のセルフサービス
  • 二段階認証を使用したセキュリティの強化
  • 自動でパスワード/アカウント期限切れを通知
  • AD情報のセルフアップデートと検索
  • Webアプリケーションとのパスワード同期

  More

  • パスワードリセット/アカウントロック解除のセルフサービス

    エンドユーザー自身がパスワードリセット、およびアカウントロック解除を行うことで、ヘルプデスクの負荷を減らします。また、ウェブブラウザあるいはWinlogon(Ctrl+Alt+Del)画面から、場所を問わずパスワードリセットやアカウントロック解除ができます。

  • 二要素認証を使用したセキュリティの強化

    独自の二要素認証プロセス(SMSまたはメールを使用した認証コード/DUO Security/RSA SecurID/RADIUS認証)を使用して本人確認を行うことが可能です。ブラウザとサーバー間の通信はSSLで保護されます。

  • 自動でパスワード/アカウント期限切れを通知

    パスワード/アカウントの期限切れ前に自動で通知を送付し、変更を行うよう注意を促します。ユーザーはパスワード変更画面からドメインのパスワードポリシーを確認することができます。

  • AD情報のセルフアップデートと検索

    ユーザー自身がActive Directoryの連絡先、写真、プロファイル情報などを更新できます。また他のユーザーを検索することも可能です。

  • Webアプリケーションとのパスワード同期

    AD360から変更したWindows Active Directoryのパスワード/アカウントをG Suite/Office 365/Salesforceなど、他のプラットフォームシステムと同期します。

IAMとITコンプライアンスソリューションに関連する製品