Active Directoryユーザー・グループのレポートを出力

Active Directory ID管理ソフト

定期的な棚卸しや監査は負荷が高くなりがち…

適切なActive Directory運用管理としても、抜け穴を生まないためのセキュリティ対策としても、Active Directoryのユーザーおよびグループなどのアカウントの定期的な棚卸しは必須です。ですが、可視化するためのレポート作成は非常に骨の折れる作業です。

ツールで簡単にレポート作成!

ManageEngineが提供するADManager Plusは、Active Directoryのユーザーやグループ等の情報をWebベースのコンソールで管理し、管理者に通知します。
重要なデータをPDFデータやCSV、Excel等の扱いやすい形式でレポート出力できます。

ADManager Plusのコンソールから管理、レポート出力可能な対象は以下の通りです:

  • Active Directory(対応:Windows Server 2008~2016)
  • Exchange Server
  • Office365

ADManager Plusでは、デフォルトで150種類以上のレポートテンプレートを用意しています。
スクリプトやプログラムの知識がなくても、Active Directoryサービスのレポートをカスタマイズして作成できます。

複数のグループに所属しているユーザー【複数のグループに所属しているユーザーレポート】

Active Directoryに関する必須の管理アクションを、
生成されたレポートからワンクリックで実行

Active Directory全体のデータを取得して、定期的にレビューが可能です。
Active Directoryレポートで記録できることで監査やSOXコンプライアンス監査などに役立ちます。

  • セキュリティグループに関するレポート
  • NTFS/共有レポート
  • 最近変更されたユーザーのレポート
  • コンピュータ、GPO、OU、OSベースのレポート
  • レポートに基づくレポートコントローラー
  • ログオン/ログオフ時間ベースのレポート
  • パスワードの期限切れが近いユーザーアカウントに関するレポート
  • G Suite レポート
  • Exchangeレポート
  • Office 365 レポート

などがあります。
上記レポートはスケジュール機能を使用することで定期的な自動生成や指定したメールアドレスへ送信することも可能です。
管理者はこれらのレポートによりActive Directoryをより効率的に管理できるようになります。
生成されたレポートは以下の形式でエクスポートしたり、リストとして印刷したりできます。

  • CSV
  • CSVDE
  • PDF
  • XLS
  • HTML

加えて、Active Directoryレポートツールは、Active DirectoryにおけるLDAP属性を表す列を追加または削除することで、 カスタマイズされたレポートの生成が可能です。

レポートに表示する属性【レポートに表示する属性選択画面】

ADManager Plusでのレポート

  • Active Directory ユーザーレポート
  • 配布リストレポート
  • Active Directoryパスワードレポート
  • Active Directoryのコンピュータレポート
  • Active Directoryセキュリティレポート
  • Active Directory OUレポート
  • Active Directory SOXコンプライアンスレポート
  • フォルダ許可およびアクセスに関するレポート

非アクティブオブジェクトに関するActive Directoryレポートは、ADManager Plusを効率的なActive Directoryクリーナアップに適した詳細な情報を含みます。 そして最もすぐれているのは、これらすべてをADManager Plusの単一のコンソールで行えるという点です。 このツールの体験版の 無料ダウンロードを入手して、あらかじめ構成されたレポートを詳細にご確認ください。