フォルダーのアクセス許可とアクセスレポート

Active Directory ID管理ソフト

フォルダーのアクセス許可とアクセスレポート

フォルダーにはファイルとサブフォルダーが保管されています。管理者はフォルダー内に重要な文書やファイルを保管します。そのため、フォルダーを承認外のアクセスから保護して、NTFSフォルダーの安全性を維持するには、フォルダーの管理が極めて重要です。フォルダーの管理は手間のかかるプロセスであり、安全性を維持するにはNTFSファイルシステムのアクセス許可を定期的に管理する必要があります。ネイティブツールやPowerShellなどを使用して管理するとさらに手間が増えます。重要なフォルダーは、ファイルへの侵入を防ぐために継承不可能にする必要があります。このためには、フォルダー内のWindows NTFSファイルのアクセス許可を監視することが非常に重要です。"フォルダーへのアクセス許可"レポートでは、管理者は、Windowsのフォルダーアクセス許可を分析して、NTFSフォルダーのセキュリティを改善することができます。

フォルダーへのアクセス許可のレポート

ADManager Plusは、Active Directoryのユーザー/グループによるフォルダーへのアクセスに関するNTFSフォルダーアクセス許可のレポートを生成します。フォルダーへのNTFSアクセス許可のレポートは、特定のパスにあるフォルダーへのアクセス許可を持つユーザー/グループをすべてリスト化します。関連するアクセスコントロールエントリは、ユーザーやグループがフォルダに対して有しているアクセスレベルを明確に示し、継承可能な許可があればそれを指定します。ファイルとディレクトリのアクセス許可のレポートもNTFS許可のアナライザーとして使用し、フォルダーに対する正しいアクセス許可が設定されていることを確認することができます。そのため、管理者は、フォルダーに対するこれらのNTFSセキュリティ許可を監視することで、フォルダーの安全性を簡単に保つことができます。

継承不可フォルダーのレポート

管理者にとっては、使用中のフォルダーおよびディレクトリに関連付けられた継承可能な許可を保護することが極めて重要です。ADManager Plusは、継承不可なフォルダーに関するNTFSレポートを生成し、継承可能な許可から保護されているフォルダーとファイルをリスト化することができます。このWindows NTFSセキュリティレポートでは、管理者は、フォルダーまたはディレクトリを追跡して、継承が原因でセキュリティが損なわれていないことを確認することができます。これは、Windowsのファイル許可ツールとして機能し、フォルダーの継承許可を分析し、セキュリティを強化するために役立ちます。