ファイルサーバーや共有フォルダへのアクセス許可を数クリックでレポート化

Active Directory ID管理ソフト

アクセス許可状況の可視化の必要性

Active Directory環境で「だれがどのレベルでリソースにアクセスできるか」というように、ファイルサーバーを管理することは非常に面倒です。また、アクセス権の変更は一度に1ユーザーずつ変更を行うため、対応漏れの可能性も高く、システム管理者にとって最も時間のかかる作業の1つです。
しかし、不必要な情報を部外者のメンバーにまで公開していないか、適切なメンバーにアクセス権を付与しているかを定期的に棚卸しすることは、万が一の情報流出事故を防ぐために重要です。
そのため、効率的に、かつ、セキュアに管理をしていく必要があります。

誰がどのファイルを参照できるのか…可視化はセキュリティ対策に不可欠!

ManageEngineが提供する、ADManager PlusはNTFSと共有のアクセス許可レポートを提供し、効率的な管理を可能とします。
GUIを使用したレポートのため、PowerShellスクリプトなどの複雑な手順は必要ありません。
共有レポートは、管理者がWindowsのフォルダーに対するアクセス許可を明確に把握するのに役立ちます。

無料ツールでセキュアに効率化!

ダウンロードはこちら製品概要資料

サーバー内の共有フォルダー

サーバーの共有フォルダーレポートでは、指定したサーバ上の共有フォルダとそのアクセス許可を表示することが可能です。必要なフォルダだけが共有されているかどうか確認することができ、管理者は重要なファイルの安全性を確保することができます。

フォルダーへアクセスできるアカウント

フォルダーへアクセスできるアカウントのレポートは、任意のフォルダにアクセス可能なユーザー/グループを可視化できます。 管理者は、各フォルダーのアクセス許可が可視化されることで、どのユーザがどのレベルのアクセス許可(例 フルコントロール)を持っているかなどの把握が容易になります。

アカウントがアクセスできるフォルダー

アカウントがアクセスできるフォルダーのレポートは、指定したアカウントがアクセス可能なフォルダを可視化できます。 管理者は、ユーザがどのフォルダに対してアクセス権をもっているか、またどのようなアクセス許可(例 フルコントロール)を持っているかなどの把握が容易になります。

非継承フォルダー

非継承フォルダーのレポートは、継承が無効化されているフォルダ一覧を可視化できます。 管理者は、パスを指定するだけで、親フォルダからアクセス許可エントリを継承していないフォルダを容易に確認することができます。

エクスポート可能な形式

Excel   CSV   CSVDE   PDF   HTML

 


このツールの体験版の無料ダウンロード版を入手して、Active Directory、Exchange、Microsoft 365 (旧称 Office 365)、Skype for Business、G Suiteなどの管理機能と150種類以上の設定済みのレポートをお確かめください。またADManager Plusではファイルサーバー管理もできます。

 

アクセス権の設定が一括でできる

ファイルサーバー管理ソリューション

詳しい資料はこちら →