Active Directory ファイルサーバー管理

Active Directory ID管理ソフト

~NTFS/共有ファルダの管理操作が1画面で完結~

ファイル/フォルダー/共有フォルダーのアクセス許可を管理

Active Directoryネットワーク上でリソースを共有する場合、
どのユーザーがどのレベルまでそのリソースにアクセスして良いのかを適切に管理することが重要となります。 一般的なActive Directory環境においては、ファイルやフォルダーへのアクセス管理は一元的に一括処理できない手間のかかる作業で、システム管理者にとっては大変煩わしい作業のひとつになります。
ADManager Plusではそれらの作業を効率よく行うことが可能です。

Active Directory ファイルサーバー管理

NTFSアクセス許可変更画面【NTFSアクセス許可変更画面】

ファイルサーバー管理機能を使用し、Active Directoryドメイン上に存在するNTFSフォルダー/ファイルや共有フォルダーのアクセス許可の、 管理者による一括更新(アクセス許可の追加、変更、取消)を可能にします。ADManager Plusのファイルサーバー管理機能の概要は以下の通りです。

  • ユーザーやグループに対し、ファイル/フォルダー/共有フォルダーへのアクセス許可を一括処理で付与する
  • アクセス許可の一括変更や一括削除を行う
  • ADManager PlusのWebクライアントから一元的に運用

AD上のNTFSおよびWindows 共有へのアクセス許可の管理

ADManager Plusのファイルサーバー管理機能を使用して、次の4操作が可能です。

  1. NTFSアクセス許可の変更
    Active Directory 上のリモート/ローカルサーバーのNTFS上にあるフォルダーやファイルに対し、ユーザーやグループに許可する操作を設定/変更
  2. NTFSアクセス許可の削除
    NTFS上のフォルダー/ファイルへのアクセス許可の取消
  3. 共有アクセス許可の変更
    Windows 共有フォルダーに対し、ユーザーやグループに許可する操作を設定/変更
  4. 共有アクセス許可の削除
    Windows 共有フォルダーへのアクセス許可の取消

NTFS/共有レポート

ADManager Plusには、NTFSやWindows共有フォルダーに対するアクセス許可に関するレポートが用意されています。 サーバー上の共有フォルダーの一覧レポート、指定フォルダーへアクセスできるアカウントのレポート、 指定アカウントがアクセスできるフォルダーのレポートなどのレポートを出力することができます。 これらのレポートを利用し、Active Directory上のファイルやフォルダーへの総合的なアクセス状況を迅速に把握することができます。