Windows Azure/Office 365セルフサービスパスワード管理

Active Directory アカウント管理セルフサービスソフト

Windows Azure/Office 365 セルフサービスパスワード管理

エンドユーザー自身によるパスワードのリセットを可能にするADSelfService Plus は、Windows Azure/Office 365にも対応しています。

ADパスワードをクラウドのディレクトリに同期

ADSelfService Plusにはパスワードセルフサービスに加えて、自動的にActive DirectoryとOffice365/Azureのパスワードを同期する機能があります。この機能によって、ユーザーは本格的なシングルサインオンの仕組みを利用せずとも、Active Directoryのパスワードを使用してOffice365/Azureアカウントにログインすることができます。 この機能はMicrosoftが提供するディレクトリ同期ツール(DirSync)の、複雑な導入作業に悩む管理者にとって、最適なソリューションになります。DirSyncではOUごとにパスワード同期設定を行うことができませんが、ADSelfService Plusでは可能です。

ADSelfService Plus : 使用時のパスワード同期のイメージ【ADSelfService Plus 使用時のパスワード同期のイメージ】

単一パスワードポリシーでハイブリッドIT環境を管理

ADSelfService Plusを通して変更されるパスワードはすべて、Active Directoryのパスワードポリシーを満たしているか精査されます。また所属する組織の様々な必要性に応じて、独自のカスタムパスワードポリシーを作成することもできます。 ADSelfService PlusはOffice 365/Azureに加えて、Salesforce、Google Apps、Zoho、IBM/AS400、HP UX、Oracle Database等のパスワード管理サービスも提供しています。

パスワード同期機能についての詳細はこちら

導入のメリット

・安全でコストパフォーマンスが高く、統一されたパスワード管理ソリューションを提供します。 ・問い合わせによるヘルプデスクへの負荷を軽減し、管理者はその他の重要な業務に集中できます。 ・Office 365/Azureアカウントのユーザーパスワードを定期的に変更し、パスワードの安全性を保持します。 ・ユーザーは複数のパスワードを覚える必要がなく、シンプルにパスワードを管理できます。