面倒な問い合わせ対応をゼロに

Active Directoryアカウント管理セルフサービスソフト

アカウントロック解除/パスワードリセットをユーザーが自己解決。パスワードの期限通知や「秘密の質問」による本人確認も実現します。

製品概要資料ダウンロード

ADSelfService Plusとは

Windows Active Directoryのアカウントロック解除/パスワードリセットの運用をセルフサービス化する、Webベースのソフトウェアです。 全世界18,000社を超える企業や組織で利用されています。ADSelfService Plus へユーザー登録することで、ドメインユーザーは各種セルフサービス機能を利用できます。セルフサービス機能を利用すれば、システム部門やITヘルプデスクを介さず、ドメインユーザー自身で、アカウントのロック解除やパスワードのリセットを実行できます。システム部門やITヘルプデスクへの問い合わせの30~50%を占めるといわれる、アカウントロック解除やパスワードリセットへの対応を、ドメインユーザー自身で解決させることで、 システム部門やITヘルプデスクの運用工数を飛躍的に削減できます。

ADSelfService Plus : ドメインユーザーによるアカウントロック解除イメージ【ドメインユーザーによるActive Directoryのアカウントロック解除フロー】

特長と導入効果

パスワード同期/シングルサインオン(SSO)機能

SAML認証を使用したクラウド認証のシングルサインオン機能により、ユーザーはログイン画面でアカウント情報を入力することなくスムーズにアプリケーションへログインすることが可能です。

ドメインユーザーによるアカウントロックの解除/パスワードのリセット

アカウントがロックされた際、ユーザーは自身でアカウントロックを解除できます。また、繰り返しの負荷を軽減するため、ロックの自動解除設定も可能です。また、ユーザーは自身でパスワードを更新/リセットすることができます。また、期限切れ時のパスワードの自動リセットの設定も可能です。

マルチファクター認証によるドメインユーザーの本人確認

ユーザーがアカウントロックの解除やパスワードをリセットする際、本人確認が必要です。「セキュリティ質問」、「モバイルのSMS/電子メールで受信する認証コード」、「Google Authenticator」の3通りの認証方法から選択でき、セキュリティを強化できます(SMS送信機能は有料オプションです)。

アカウント/パスワードの期限通知

ユーザーのアカウントやパスワードの期限満了前に、設定した頻度でリマインドメールを自動送付し、アカウントロック発生を抑制できます。

ドメインユーザーによる Active Directory 登録情報(連絡先)の更新

ユーザー自身がGUIからActive Directoryに登録している連絡先情報を更新できる環境を提供します。

お客様の声

「問い合わせ数削減という導入効果を十分に感じており、満足しています。トイザらスはグローバル企業ですので、ほかの地域のIT担当者と話す機会がありますが、先日もアジアやイギリスなど各国の拠点にADSelfService Plusの導入を薦めました」 (日本トイザらス株式会社 山﨑氏)

導入事例一覧

選べる2つのライセンスと参考価格

年間ライセンス

26.6万円 ~

1年間利用可能な製品ライセンスで、年間保守サポートサービスが含まれています。1年ごとに年間ライセンス契約を更新します。

通常ライセンス

65.6万円 ~

無期限の製品ライセンスに、初年度のみの年間保守サポートサービスが含まれています。製品の納品日から保守サービスが開始され、以後、1年ごとに年間保守サポートサービス契約を更新します。

特におすすめしたい方

Active Directoryユーザーのアカウントロック解除・パスワードリセットに関する問い合わせ対応に追われている方

SAML認証を使用したクラウド認証のシングルサインオン機能により、ユーザーはログイン画面でアカウント情報を入力することなくスムーズにアプリケーションへログインすることが可能です。

アカウントロック解除・パスワードリセットの申請手順が標準化・プロセス化されていない方

ADSelfService Plusなら、アカウントロック解除・パスワードリセットの実行処理をドメインユーザー自身に委ねるため、システム管理者によるの申請内容の確認や、上長による承認業務が必要ありません(承認ワークフローが必要な場合は、ADManager Plusをご検討ください)。