Active DirectoryによるMicrosoft 365 (旧称 Office 365)のユーザー作成とライセンス管理

Active Directory ID管理ソフト

Microsoft 365 (旧称 Office 365)とは

Microsoft 365とは、マイクロソフト社が提供する年額・月額課金で利用できるサブスクリプション型のOffice機能のクラウドサービスです。Microsoft 365のユーザーは、従来個別にライセンス購入・インストールしていたOfficeアプリケーション(Word, Excel, PowerPoint等)の最新版を月額・年額課金で使用できます。Microsoft 365には、家庭向け(個人)のパッケージ(Microsoft 365 Personal)・法人向けのパッケージ(Microsoft 365 Business/Apps for enterprise)があり、多くの法人でMicrosoft 365が導入されています。

Microsoft 365を法人に導入する際に欠かせない作業が、Microsoft 365のユーザー情報管理です。Microsoft 365はユーザーごとのライセンス付与(=課金)となるため、適切なユーザー管理・ライセンス管理をすることで、無駄なIT投資を防ぎます。

Active DirectoryとMicrosoft 365を効率よく連携するには?

一方で、多くの社員に対し一人ひとりユーザー情報を作成、管理するのは手間と時間のかかる作業です。また、Microsoft 365情報のみにとどまらず、スタッフが一人増えるごとに作成すべきユーザーアカウントは多岐にわたります。
たとえば、Active Directory情報、Exchange情報、Microsoft 365情報をそれぞれ作成・管理するのは多くの工数がかかります。さらに、これらのユーザー情報管理のために複数のツールを使いこなすのも大変な作業です。

無料ツールでMicrosoft 365 連携&レポート作成

ManageEngineが提供するADManager Plusを利用して、簡単にクラウドベースの Microsoft 365 のユーザー作成およびMicrosoft 365 ライセンスの管理ができます。

組織はMicrosoft 365を展開することにより、社員やユーザーに対してオンラインのリソースを提供し、生産性を高めます。しかし、管理者にとってはクラウド環境も同時に管理するために管理負荷が高まります。オンプレミスおよびクラウド環境を管理するためにMicrosoft 365管理センター(OAC)、Exchange管理ツール、PowerShellを駆使しなければなりません。
その一方でADManager PlusはクラウドベースのMicrosoft 365の管理ライセンス管理及びレポート機能を提供します。Microsoft 365のユーザーを個別にあるいは一括で管理することが可能です。更に、従来のActive Directoryに新規ユーザーを作成すると同時にMicrosoft 365上にもユーザーを作成することも可能であるため、柔軟かつ効率的な作業を実現します。複数のコンソールを行き来することなく1つのコンソールからすべての作業を完結します。アカウント作成と同時に社員は必要十分な権限を付与されるので直ちに業務を行うことができます。

ADManager PlusからMicrosoft 365の管理を行うためには予め、Azure AD用のMSOnline PowerShellモジュールのインストールが必要です。

Microsoft 365 ユーザーの作成

ADManager PlusはMicrosoft 365のユーザー管理に柔軟に対応します。次のことが可能です:

  • AD、Microsoft 365、Exchange、等のユーザーを同時に作成
  • ADに既に存在するユーザーのMicrosoft 365アカウントの作成
AD、Microsoft 365、Exchange、等のユーザーを同時に作成

一度の処理で、ADおよびMicrosoft 365アカウントを新規アカウントを個別にまたは一括で(CSVまたはテンプレートを利用して)登録可能です。

ユーザーを作成する際、次のことを設定可能です:

  • 新規 Microsoft 365 ユーザーの作成(Active Directory と Microsoft 365 の間のディレクトリ同期あり)
  • 新規 Microsoft 365 ユーザーの作成(Active Directory と Microsoft 365 の間のディレクトリ同期なし)
  • 新規 Microsoft 365 ユーザーに適切なライセンスを割り当てる ・ユーザーがアクセス可能なアプリケーションを指定する​
メモ:ADManager PlusはADとMicrosoft 365だけでなくG suite、Exchange Server、Skype for Business / Lync / LCS / OCSのアカウントも同時に作成できます。
 
画像:ユーザー作成画面
ADに既に存在するユーザーのMicrosoft 365アカウントの作成

既存のADユーザーのMicrosoft 365アカウントも個別に、または一括で作成できます。CSVまたはコンソール画面から対象のユーザーを選択するだけで作成できます。既存のADユーザーのアカウントをMicrosoft 365に作成する場合、Microsoft 365に必要な情報が送信されます。この処理はディレクトリ同期は必要ありません。 そのため以下の要件でも利用できます:

  • 新規 Microsoft 365 ユーザーに適切なライセンスを割り当てる
  • 新規 Microsoft 365 ユーザーにライセンスを割り当てない
  • 画像:Microsoft 365のユーザー作成画面

    Microsoft 365 レポートの作成

    Microsoft 365のユーザーを効率的に管理するためには、利用状況を正確に把握している必要があります。しかしながらクラウドベースであるMicrosoft 365から情報を獲得することはAD以上に複雑で手間がかかります。Microsoft 365のレポートも作成可能です。

    • ユーザーレポート
    • ライセンスレポート
    • グループレポート
    • 共有メールボックスレポート
    ユーザーレポート

    ADManager PlusはMicrosoft 365のユーザーに関する次のレポートを作成します:

    • Microsoft 365 のすべてのユーザー
      このレポートは、Microsoft 365 のすべてのユーザーアカウントの一覧を表示します。
    • 非アクティブなユーザー
      Microsoft 365にいる活動していないユーザーアカウントの一覧を表示します。
    • 一度もログオンしていないユーザー
      Microsoft 365のユーザーアカウントの内、一度もログインしていないユーザーアカウントの一覧を表示します。
    • ActiveSync 有効化ユーザー 
      Microsoft 365のユーザーライセンスの内ActiveSyncが有効化されているユーザーアカウントの一覧を表示します。

    …等

    画像:Microsoft 365ユーザーレポート
    ライセンスレポート

    ADManager PlusはMicrosoft 365 のライセンスに関する次のレポートを作成します:

    • ライセンス情報
      Microsoft 365内でのライセンス情報のすべてをレポート化します。各ライセンス毎にアクティブなユニット数、使用されているユニット、注意が必要なユニット、停止しているユニット、ロックされているユニットなど詳細な情報を提供します。
    • ライセンスのあるユーザー
      このレポートは、Microsoft 365 のすべてのユーザーアカウントのうち、ライセンスが割り当てられているユーザーを表示します。さらに、各Microsoft 365 ユーザーがアクセスできるすべてのアプリケーションやサービスも表示します。
    • ライセンスのないユーザー
      このレポートは、Microsoft 365 のすべてのユーザーアカウントのうち、ライセンスが割り当てられていないユーザーを表示します。
    画像:Microsoft 365のライセンスのあるユーザーレポート
    グループレポート

    Microsoft 365 グループに関する次のレポートを作成します:

    • Microsoft 365 すべてのグループ
      Microsoft 365に存在するすべてのグループの一覧を表示します。
    • Microsoft 365 セキュリティグループ
      Microsoft 365内のすべてのセキュリティグループの一覧を表示します。​
    • Microsoft 365 配布グループ
      Microsoft 365に作成されたすべての配布グループを表示します。
    • グループメンバー 
      指定したMicrosoft 365グループ内のユーザーの一覧を表示します。

    …等

    画像:Microsoft 365のすべてのグループ
    共有メールボックスレポート

    ADManager Plusは組織のExchange Online 共有メールボックスの一覧を表示するレポートを提供します。プロキシアドレス、権限等を確認できます。

    Microsoft 365 共有メールボックス作成

    ADManager PlusはMicrosoft 365 共有メールボックスを作成します。次のことが可能です:

    • Microsoft 365 とExchange Serverに共有メールボックスを1つのコンソールから作成。
    • 様々なポリシーや属性に対して値を適用します。代理送信、同期ポリシー、等
    • 共有メールボックスの作成権限をヘルプデスク担当者に委任
    • ディレクトリ同期を有効または無効にした状態で新規にMicrosoft 365 共有メールボックスを作成
    画像:Microsoft 365共有メールボックス作成画面

    Exchange Online 管理

    ADManager PlusはExchange Onlineを管理します。次のことが可能です:

    • シングルグループの変更
      お使いのMicrosoft 365の配布グループおよびメールが有効なセキュリティグループの管理を行います。​
    • リモートメールボックスを無効化/削除
      リモートメールボックスを無効化または削除します。アーカイブされたメールボックスのみを無効化することも可能です。
    • メールボックス委譲権限
      任意のユーザーおよびグループにMicrosoft 365メールボックスのメールボックス所有者として送信する、代理人として送信する、フル アクセス許可の権限について設定可能です。
    • Exchange アドレス帳に非表示
      任意のメールアドレスをアドレス帳に表示/非表示にします。
    • メールの転送
      メールの転送の有効化/無効化、転送先メールアドレスを設定可能です。
    • 転送制限
      警告メッセージを表示する格納域のサイズ、送信メッセージサイズの制限、送信/受診メッセージサイズの制限等、ストレージに関する様々な設定が可能です。​
    画像:メールの転送の保存制限
    ADManager Plusのその他のレポート

    ※その他、合計150種類のレポートがございます