Microsoft 365 (旧称 Office 365)のライセンスレポート

Active Directory ID管理ソフト

ADManager Plusは様々な定義済みのレポートにより、Microsoft 365 (旧称 Office 365)の重要な側面に関する詳細な情報を提供します。Microsoft 365ライセンスのレポートは、複雑なPowerShellスクリプトを使用することなく、組織内の様々なユーザーに割り当てられたMicrosoft 365ライセンスに関する重要な詳細情報を取得します。

ライセンスの詳細情報は、ライセンスとサービスが組織内で最適な形で運用されていることを管理者が確認するときに必要です。この情報を可視化することで、管理者は有効かつ利用可能なライセンスを容易に特定し、適切なユーザーに割り当てることができます。また、不要/無計画なライセンス購入の抑制も可能になるため、ライセンス費用を抑えられます。また、ADManager Plusでは、これらのレポートを必要に応じてPDF、CSV、XLSX、HTMLにエクスポートすることができます。

 

以下は、ADManager PlusのMicrosoft 365ライセンスのレポートです:

ライセンスユーザー

Microsoft 365セットアップにおいてライセンスを付与されたすべてのユーザーのリストを、各ライセンスに割り当てられたサービスのリスト付きで取得します。このレポートにより必要に応じてユーザーに適切なライセンスとサービスが割り当てられているかどうかを確認し、入手したライセンスを効率的に活用できます。

ライセンスのないユーザー

レポートを使用することで、Microsoft 365環境に存在しているものの、Microsoft 365ライセンスを割り当てられていないユーザーを抽出します。この情報は、組織内のどのユーザーにライセンスが必要かを特定し、計画的なライセンスの調達に役立ちます。

ライセンスの詳細

レポートはMicrosoft 365環境で配置されているすべてのライセンスをリスト化します。さらに、各ライセンスでは、アクティブなユニット、割り当てられたユニット、警告ユニット、保留およびロックアウトユニットのリストを表示することもできます。この情報から使用されていないライセンスを特定し、必要なユーザーに割り当てることができます。また、組織におけるライセンスの需要、供給、使用率の統計を得るのにも役立ちます。

ADManager Plusは、Microsoft 365ライセンスのレポートをシンプルでスクリプトフリーな方法で提供するだけでなく、その他の Microsoft 365レポートや、様々な設定済みの機能により、Microsoft 365のアカウント管理を簡単にします。Microsoft 365だけでなく、このツールにより、Active Directoryの複数のドメインや、Exchange環境を1つのコンソールから管理できます。