Microsoft 365 (旧称 Office 365)のレポートツール

Active Directory ID管理ソフト

オンプレミス型のActive Directory(AD)環境の管理に加えて、多くの管理者は、Microsoft 365 (旧称 Office 365)などのクラウド環境を管理する責任も負っています。ですが、クラウドベースのMicrosoft 365からの情報の取得は、手間のかかる業務です。PowerShellとネイティブツールを使用してこれらのレポートを生成すると、業務が複雑になり、ミスを多発する要因となります。 

ADManager PlusのMicrosoft 365レポート

ADManager Plusは、ウェブベースのAD管理ソフトウェアであり、Microsoft 365向けのレポート機能によりこの問題を解決することを念頭に置いて調整されています。設定済みのレポートを活用することで、Microsoft 365環境に固有の重要な情報を簡単に閲覧することができます。PowerShellの複雑な長文のスクリプトを使用する代わりに、数回クリックするだけで必要な情報を取得することができます。

ADManager Plusに搭載されたMicrosoft 365のレポート機能は以下の情報を提供します:

Microsoft 365ユーザーレポート

Microsoft 365環境のすべてのユーザー、非アクティブユーザー(特定の期間)、ログオンしたことのないユーザー、ActiveSync可能なユーザーに関する重要な情報に、Microsoft 365のユーザーレポートからアクセスします。この情報は、管理者が、ライセンスを撤回するユーザーやライセンスを割り当てるユーザーなどを判断するのに役立ちます。

>>ユーザーレポート詳細

 

Microsoft 365ライセンスレポート

これらのレポートでは、組織におけるMicrosoft 365のライセンス情報を総合的に確認することができます。また、ライセンスおよび非ライセンスユーザーの正確な数と詳細を把握することもできます。 Microsoft 365のライセンスレポートが提供する情報を活用することで、管理者はサービス使用率の最適化を達成することができます。

>>ライセンスレポート詳細

 

Microsoft 365のグループレポート

これらはMicrosoft 365環境のすべてのグループに関する情報を提供します。セキュリティグループと配布グループの詳細を別々に閲覧することができます。Microsoft 365のグループレポートは、すべての承認外、未使用、不要なグループを特定して、グループのリストを整理し、最新の状態に保つのに役立ちます。グループメンバーのレポートは、必要なMicrosoft 365のグループのすべてのメンバーのリストを提供します。

>>グループレポート詳細

 

Microsoft 365の共有メールボックスレポート

このレポートは、あなたの組織のExchange Onlineの共有メールボックスをリスト化します。

このレポートにより、プロキシアドレス、アクセス許可などの詳細を表示することができます。

>>共有メールボックスレポート詳細

 

 

本製品の概要

ADManager Plusに搭載されたMicrosoft 365のレポートを利用することで以下のような利点があります:

  • 定義済みの、スクリプトフリーなレポートで、Microsoft 365環境の詳しい情報を表示。
  • 必要なレポートを好きなタイミングで自動生成。
  • レポートを複数のユーザーにメール送信。
  • HTML、PDF、XLS、CSV、CSVDE形式にレポートをエクスポート。

設定済みのレポートでMicrosoft 365のレポートを簡略化するだけでなく、ADManager Plusは、Microsoft 365のユーザープロビジョニングユーザー管理に役立つ機能も提供します。ADとMicrosoft 365のユーザーを同時に作成し、またADユーザー用のMicrosoft 365アカウントを作成します。また、Microsoft 365のライセンスを管理、Microsoft 365環境で共有メールボックスを作成することができます。さらに、このツールでは Active DirectoryExchange Serverの管理を、1つのウェブベースのコンソールから行うことができます。