Microsoft 365 (旧称 Office 365)のグループレポート

Active Directory ID管理ソフト

ネイティブツールとPowerShellスクリプトを使用して組織のMicrosoft 365 (旧称 Office 365) 環境に存在するグループにアクセスするのは、大変困難な作業です。ADManager Plusの定義済みMicrosoft 365 グループレポート機能は、このようなエラーが発生しやすい作業を容易に行える代替案を提供します。

これらのレポートは、Microsoft 365 環境に存在するすべてのグループに関する重要な情報を取得するためのスクリプトフリーな方法を提供します。セキュリティグループと配布グループの詳細を別々に表示することもできます。オブジェクトID、表示名、概要、メールアドレス、最終DirSync日時などのグループの詳細がこれらのレポートに表示されます。

また、ADManager Plusでは、抽出したMicrosoft 365 のグループ固有の情報を、PDF、CSV、XLSX、HTMLにエクスポートすることもできます。

さらに管理者は、Microsoft 365 のユーザーとライセンスを同じコンソールから管理することもできます。

 

ADManager PlusのMicrosoft 365 向けグループレポートは以下のものがあります:

全てのグループ
Microsoft 365環境で利用可能なすべてのグループに関する情報を取得します。この情報から削除するべきグループや作成するべきグループを特定して、組織内のグループのリストを整理します。

 

セキュリティグループ
Microsoft 365に存在するすべてのセキュリティグループの詳細な情報を表示します。この情報に基づいて、承認されていない、または使用されていないセキュリティグループを特定し、適切な管理を実行できます。これは、組織内のセキュリティグループに関する詳細な情報がない場合に発生しがちな不要または不正アクセスを阻止することで、重要なリソースと情報を保護するのに役立ちます。

 

配布グループ
Microsoft 365環境のすべての配布グループを一覧化します。この情報は、追加するべき新しい配布グループや、削除するべき既存のグループを特定し、効率的にコミュニケーションを行うことに役立ちます。

 

グループメンバー
Microsoft 365環境の選択したグループのメンバーに関する情報を提供します。グループメンバーシップに関する情報を常に把握しておくことは有益です。

 

動的配布グループ
対応するMicrosoft 365アカウントのすべての動的配布グループをリスト化します。このレポートは、各フィルター、メールアドレス、グループID、および関連するその他の情報の詳細を提供します。

 

動的配布グループのメンバー
メンバー名、メールアドレス、グループ名などの配布グループのメンバーであるユーザーに関する情報を提供します。

 

オーナーのグループ
Microsoft 365と対応する所有者が設定されたグループを表示することができます。

 

所有者のいないグループ
所有者のいないグループをリスト化します。Microsoft 365でグループを作成するときには、グループに所有者を追加する必要があります。グループ所有者が組織を離れて、そのユーザーアカウントが削除されると、関連付けられたグループの所有者がいなくなります。

 

グループサイズ
Microsoft 365のすべてのグループに所属しているメンバーの数を表示することができます。

 

設定済みの Microsoft 365固有のレポートに加えて、ADManager Plusは、Active DirectoryExchange、G Suite、Microsoft 365の簡単で効率的な管理を実現する様々な機能をWebベースのコンソールで可能にします。