Microsoft 365 (旧称 Office 365)ユーザー管理(一括更新・作成・削除)

Active Directory ID管理ソフト

Microsoft 365 (旧称 Office 365)の管理をとことん効率化する方法

クラウドベースのMicrosoft 365を展開すると管理する義務が発生します。残念ながら、Microsoft Microsoft 365の管理ポータルにはいくつか足りない要素があります。例えば、同時に管理することのできるユーザーの数が限られており、CSVベースの一括ユーザー修正をサポートしていません。そのため、IT管理者は、しばしばPowerShellを使用しなければならず、それにより業務がさらに複雑化します。さらに、IT管理者はActive Directory、Exchange Server、Microsoft 365環境を管理するために複数のコンソールを使用する必要があります。これにより管理者の負担が増えるだけでなく、各タスクの所要時間も長くなります。

ADManager PlusによるMicrosoft 365の管理

ADManager Plusは、Microsoftのネイティブツールの複雑さや制限を回避して、Microsoft 365を簡単に管理します。

  • Active DirectoryとMicrosoft 365で適切なライセンスのあるユーザーアカウントを同時に一括作成
  • Active Directoryに存在するユーザーのユーザーアカウントをMicrosoft 365で一括作成
  • 既存のユーザーに適用されたライセンスを一括で割り当て、または削除
  • Microsoft 365環境のライセンス、ユーザー、グループに関する重要な情報を含む 設定済みのMicrosoft 365レポートを表示
  • Exchangeのオンラインタスク、例えば、メールが有効なセキュリティグループおよび配布グループの管理、リモートメールボックスの無効化/削除、メール転送の無効化/削除、メールボックスストレージ上限の管理、メールボックスの委任、アドレ帳から特定のユーザーを非表示に設定
  • Microsoft 365で共有メールボックスを作成

Microsoft 365だけでなく、ADManager Plusは、Active Directory、Exchange Server、Skype for Business、Lync、G Suiteにおけるユーザーのプロビジョニングなどの管理を行うこともできます。

Microsoft 365のユーザープロビジョニング

ウェブベースの1つのコンソールから、Microsoft 365 (Azure Active Directoryモジュールに基づく)とActive Directoryで同時に新しいユーザーアカウントを作成することができます。さらに、 Microsoft 365で新しいユーザーアカウントを作成するときに、ADManager Plusでは以下のことができます:

  • DirSyncの有効化、無効化を選択
  • ライセンスをユーザーに割り当てて、アクセスできるサービスを指定

CSVインポート機能を使用して、これらのアカウントを一括作成します。テンプレートを使用してユーザー作成のプロセスを標準化することもできます。テンプレートでは、ユーザー作成ルールを設定して、特定の条件に基づいてアカウント作成時にMicrosoft 365固有のライセンスを自動で割り当てることもできます。

ADに既に存在するユーザーのアカウントをMicrosoft 365で作成することもできます。

Microsoft 365ライセンスの柔軟な管理

ADManager Plusでは既に割り当てられたMicrosoft 365ライセンスを管理することもできます。マウスポインタ―を合わせてクリックするだけで、Microsoft 365のライセンスを簡単に割り当て、交換、削除することができます。

  • 選択ライセンスの管理
    選択したユーザーのライセンスを一括で追加、交換、削除することができます。
  • CSVインポートによる一括ライセンス管理
    管理する必要のあるライセンスのユーザーリストをCSVファイルからインポートして、ライセンスを追加、交換、撤回することができます。
  • ヘルプデスク委任
    Microsoft 365のユーザーをプロビジョンしてライセンスを管理するタスクをヘルプデスクの技術担当者に安全に割り当てます。

ADManager Plusが提供するMicrosoft 365向けの様々な管理およびレポート機能の詳細については、こちらの リンクからご覧ください。

 

ADManager Plusの概要

Microsoft 365だけでなく、ADManager Plusは、Windows Active Directory、Exchange Server, Skype for Business(Lync)向けの設定済みの管理機能や、G Suite(G Suite)のユーザーアカウントの管理機能も提供しています。さらに、わずか数回のクリックで重要な情報を取得する定義済みのレポートも提供しています。これらのすべての機能はウェブベースの1つのコンソールで利用できます。

詳細のリンク

その他の機能

Active Directoryのレポート

Active Directoryで必要なレポートをほぼすべて網羅しています。総合的で信頼できるレポートが取り揃えられています。レポートをスケジュール設定して、定期的に生成することができます。

Active Directoryのパスワード管理

ADのセキュリティを損なうことなく、Webベースのコンソールからパスワードのリセットやパスワードの設定を行うことができます!ヘルプデスクの技術担当者にパスワードリセットを委任することも可能です。

Microsoft Exchangeの管理

ADManager PlusのExchange管理システムで、Exchangeのメールボックスを作成・管理して、メールボックスの権限を設定します。Microsoft Exchange 2010にも対応しています。

Active Directoryの自動化

ユーザープロビジョニングや非アクティブユーザーの無効化などのADの重要なタスクを完全に自動化します。また、フォローアップタスクを設定・実行したり、ワークフローを設定して優れた自動化を実現できます。

Microsoft 365の管理およびレポート

ADManager Plusで1つのコンソールから、Microsoft 365とActive Directoryのユーザーとグループに関するレポートを管理し、生成します。